さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月18日

今日は羊のことを語ろう?!羊飼いと羊たち「ひつじのショーン」等


imagesひつじのショーン.jpg



この、ニュース記事に合わせて、今日は羊の話をすることにします。

日本では、眠れない時にしかあまり羊を思い出しません。
羊を数えるのも、もともと欧米から来たものです。sheep(羊)とsleep(睡眠)をかけた一種の英語のダジャレに由来するものだとか。

欧米では羊は身近な存在です。狼少年の話や、「アルプスの少女(ハイジ)」のように、羊飼いがいたりして。

ウィキペディアを見てみると、
キリスト教では、この羊飼いを人々を導く神やメシヤ、羊を信者たちの喩えとして使うとのこと。を「神の子羊」とも言います。羊はよいお供え物としても使われ、とにかくいいイメージがあるようです。

旧約聖書、新約聖書共に羊はよく描かれていますが、新約聖書からの逸話を紹介しましょう。
「ルカ福音書」(15章)や「マタイ福音書」(18章)に「迷子の羊と羊飼い」のたとえ話の節がある。愛情も慈悲も深い羊飼いは、たとえ100匹の羊の群れから1匹が迷いはぐれたときでも、残りの99匹を放っておいて、そのはぐれた1匹を捜しに行くものだとある。

神様やメシヤ(イエス)というものは、羊である人々(人類)全てが大切な羊であって、たった一人のために全てを放っておいて、探しに行くというのです。普通の親が迷子の子供を捜す時のように、真剣で切実なんですね。

日本では欧米ほど馴染みがないはずが、そういえば干支にも羊はありますね。

懐かしいところでは、村上春樹さんの「羊をめぐる冒険」という小説がありました。羊男なんてキャラクターが出てきます。羊が大きなポイントになる小説でした。
映画「ベーブ」でも、羊が出てきて面白かったです。

我が家の子どもたちが大好きなアニメに「ひつじのショーン」があります。これもほのぼのです。以前NHK教育で放送していました。あまり知られていませんが、お勧めです。
ちなみに日本語の主題歌は、米米CLUBの石井竜也が作詞と歌を担当しています。
今日の記事は、ウィキペディアを見ながら、たくさんヒントをもらって、ほぼ出来てしまいました。




羊は従順というイメージがあるようです。日本人にも、羊たちを導く、羊飼いのようなヒーローが現れてほしいですが…。「ショーン」の方がマシかもしれませんね。

では、今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村

参照:ヒツジ - Wikipedia 


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする