さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年04月11日

行く春は悔ゆ?!(ゆくはるはくゆ)回文の歌と「いろは歌」


2011.04.10 極楽寺 山門とさくら.jpg


満開の桜はすでに散る予感を感じさせます。春は別れと出会いの季節ですね。

惜しめとも ついにいつもと ゆく春は
悔ゆともついに いつもとめしを

上記の歌は、回文になっています。上から読んでも下から読んでも同じという、言葉遊びです。
今の季節に合っているような気がするので、紹介します。
言葉遊びの短歌ながら、いってしまう春を惜しむ歌としてまとまっているようです。


藤原基俊の歌として伝わっているのが、
群草に草の名はもし備はらば 
なぞしも花の咲くに咲くらむ


また回文というのは終わりがなく、おめでたいということで、
七福神の宝船とともに書かれてきた和歌があります。

永き世の 遠の眠りのみな目ざめ
波乗り船の音のよきかな

初夢に見ると縁起がいいということで、枕の下にこの和歌を書いた紙をおいて寝るといいと言われているそうです。次の元旦にはどうぞ、お試しください。


回文というのは、日本語だからできると思っていたら、英語にもあるんですね。“Madam, I'm Adam.”
“Able was I ere I saw Elba.”

数字でもあるということです。
1234+8765=9999=5678+4321
111111111×111111111=12345678987654321=111111111×111111111

音楽でも、バッハの逆行カナンやモーツアルトの曲に、そんなものがあるようです。
いろんな世界で遊び好きな人たちが古来からいたようですね。


また、言葉遊びに話を戻すと、
「いろは歌」は、昔のかな文字を過不足なく使って、見事な歌にしています。
これを昔の人は諳んじていたのです。
今の50音の配列は合理的ですが、遊び心、歌心の込められた「いろは歌」には到底及びません。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす

意味を書くと何か風情はなくなってしまうのですが
「花は咲いても散ってしまう。
この世にずっと変わらず存在し続けるものなんてありえない。
『人生」という険しい山道を今日もまたひとつ越えて
はかない夢は見たくないもの、酔いもしないで。」
というような意味になります。

昔の人のこんな遊び心は、現代にも受け継がれていると思うのです。
誠実さの中にも、遊び心をもって、この春の日を過ごしてみてください。


「桜 V 」ピアノ音楽 "Sakura V" Piano Composition
山中允


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は、ひでわくさん「極楽寺 山門とさくら」



posted by kuri-ma at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の本棚 文学の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする