さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月12日

あきらめないで!イザという時、強いのは信じ愛する心?!


2011.03.11 東北道 亀裂.jpg
2011.03.11「東北道 亀裂」ひでわくさん    



地震や、津波の被害で亡くなった方々のお冥福をお祈りいたします。
また被災地で避難されている方、寒い中、電気もなく、食料や、水、情報がない中、また余震が続く中、持ちこたえてくださいね。
これ以上、被害が広がらないことを、最低限に抑えられることを、心からお祈りします。
救助活動が速やかに的確に成されますように。
帰宅難民の方々も辛い中ではありますが、助け合い、気をつけて過ごされますように。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

長い地震の最中、恐ろしさもありましたが、ここよりももっとひどい地域があることを考えると、被害が出ないことを祈らないではいられませんでした。
今までの生涯で最も大きい地震でした。被災地では、今も生きた心地がしないのではないかと思います。

それよりも怖かったのは、津波です。
テレビでも津波の状況が映されていて、今にも津波に呑まれそうな車などの状況を見せられると、気が気ではありませんでした。

やはり、被害者は出てしまいました。

私は風邪で休んだ子どもと共に自宅にいましたし、他の子どもたちも、先生に付き添われて集団下校してきました。主人は、仕事先の人を一人車で送った後、一旦立ち寄りましたが、もう一人遠方の人を送っていきました。何時間もかかって、子どもたちが寝てから帰って来ました。

こういう時は、普段当然のように使っていた便利なものは役に立ちません。
電車は全面ストップ、電話もつながりません。都内は車も大渋滞だったとのこと。

こういう時、私は何もできません。助けに行くこともできません。
祈るしかないと思って、祈る気持ちで過ごしました。

祈っていると、まだ数名の死亡者しか発表されていない時から、切ない思いが迫ってくるのです。胸騒ぎのようなものを感じて、ずっとドキドキしている感じでした。
とんでもないことになってしまったけれど、できるならこれから被害者は出ないでほしいと祈っていましたが、夜10時半頃のニュース速報で、2~300人が発見されたと聞き、愕然としました。やはり被害者がこんなにも出てしまいました。
まだ把握されていないだけに、一夜明ければどれほど恐ろしいことになっているでしょうか。犠牲者は1000人以上の単位になるかもしれません。

年回り的にも、簡単ではない年だと思っていましたし、世界で起こっている大きな自然災害と、中東などに止まらない勢いとして起こっているデモの波とそれを鎮圧する政府軍との間で多くの死者が出ています。
NZの大地震もあって、地震大国の日本に地震がないのがおかしいような、いつ起こってもおかしくないと専門家の懸念の声があがっている中で、やはり日本でも起こってしまいました。
「対岸の火事ではすまない」と、ずっと叫んできたのですが、やはり済まなかったですね。

祈ることは、無駄ではありません。
いつもは役に立つものが、役立たずになって(具体的にでき得る限りのことはしていかなければなりませんが、)一番こういう時に役立つのは、神様だと思います。
無謀なことはせず、更に祈りながら、落ち着いた行動をしていきましょう。

祈りましょう。

一寸先は闇、と言いますが、何か分からないうちに、瓦礫や津波、あるいは火事などで亡くなった方がおられるでしょう。
いつかは絶える私たちの命ですが、絶体絶命という時に、「神頼み」をすると思うのです。

昨日祈った時、先程も言ったように切ない思いが来たのは、神様から知らされた思いだったような気がします。私たち(家族など)は大丈夫だという思いもきたのですが、多くの被害が出るという思いが迫って来たのです。

祈れば、私たちに希望と慰労が与えられ、必要な知恵などが湧いてきたりします。
命は、私たちでは決められません。祈ったから助かるという単純なものではないですが、私にできることとして、心配している家族と同じように、無事を信じて祈っていきたいと思います。
また今日は、被災地にとっては厳しく寒い日を迎えるとのこと。
普段は神様を信じない人も、愛する人を思いながら、生きることを信じてみてほしい、と心から願っています。

幸運を祈ります。
あきらめないで。
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする