さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月16日

被災地の多くの魂に捧げます?!「雪」金子みすゞ詩の世界16


8144227美山.jpg



犠牲者の魂に捧げます





誰も知らない野の果で
青い小鳥が死にました
さむいさむいくれ方に

そのなきがらを埋めよとて
お空は雪を撒きました
ふかくふかく音もなく

人は知らねど人里の
家もおともにたちました
しろい しろい被衣着て

やがてほのぼのあくる朝
空はみごとに晴れました
あおく あおく うつくしく

小さいきれいなたましいの
神さまのお国へゆくみちを
ひろくひろくあけようと



被災地は、今日は一日雪だとか…。お天気は非情だと思えますが、こんな風に無数の魂の「おとむらい」のためかもしれないと考えれば…。

電気が点かないのは辛いこと。計画停電の間だけでも不自由ですが、寒い東北で過ごされる方たちのことを考えれば、耐えられないことではないです。
テレビのニュースでもそんな発言をしている子どもがいて、先生や親が言い聞かせることを、しっかり受け留めているんだろうなぁと思います。
うちの子どもたちも、いつもはおやつがないと言って大変なのに、何も言わずに遊んでいてくれたり…。多少お腹がすいても、我慢してくれてることを、褒めてあげたいですね。もちろん質素ではあっても、ご飯はたっぷり食べられますから。

今は、非常時だと考えて、あるもので感謝していきたいです。
ただ無理をしている子どもたちの心を配慮して、しっかり抱きしめてあげたいと思います。

救出された人の中にも、前向きな発言をしている人たちがいて、
逆にこちらが勇気をもらうようです。(動画↓)



関東でもガソリンや食料がなくなっていますが、被災地ではもっと事欠く中を、店にも整然と並び、買いあさることもなく、最低限を買っていく姿があるとか。

これが諸外国から、日本人が尊敬される所以です。こういう美徳を失ってはいけないですね。
助け合いの精神を発揮していくとしたら、物に溢れている時より、豊かかもしれません。ハングリー精神というのがなくなった現代の日本が、もしかしたら復興する機会なのかもしれないとも感じています。

「不幸を転じて福とな」さなければなりません。
もちろん亡くなった方々の犠牲の上に、私たちがいるのです。その犠牲を無駄にせず、美しい日本の姿を見せていきたいです。
心配なことは多いですが、必ず復興できます。復興しましょう。

金子みすゞの「こだまでしょうか」がCMに使われて、
私の今月上げた記事にもアクセスがあります。
普遍の美しい精神を伝えるものの一つが、
金子みすゞの詩には込められていると思います。
私の言葉が返ってくる?!「こだまでしょうか」金子みすゞ詩の世界14


今日も無事によい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

被災地に祈りをこめて〜世界中からの祈りと援助の手




(こんなに盛り上がらないホワイトデーも初めてだったでしょうが、)
世界中で日本のために祈ってくれています。
被災から日にちが経ち、疲労もたまって、心配なことも続き、心が途切れそうになりますが、大変な被災地の方々の無事と、犠牲者のご冥福を祈っていきたいと思います。

インドの人たちが、祈ってくれたり、イチローや松井、松坂などの大リーガーのコメントもあるように、世界中にいる日本人も心配しています。私の海外の友人たちからも、連絡がありました。

インドでの祈りも、2004年のスマトラ沖地震の津波で被害を受けたこともあるようです。
中国からレスキュー隊が来ましたが、
中国の救援隊が日本へ派遣されるのは初めてで、今後、生存者の捜索活動などにあたる予定。中国では、四川大地震における日本の救助隊の活動や募金活動が高く評価されており、中国メディアは日本に対する支援を繰り返し呼びかけている。

お互い様ということでしょうが、日本人の誠実な活動がこういう時にいい評価として表れていますね。本当に、無条件に差し伸べてくれる、各国の援助というものは、ありがたく感じます。
日本人のイメージは、ある所ではあまりよくなかったりしますが、(東南アジアでのセックス旅行や、アメリカで“イエロー・キャブ”と言われる日本人女性=誰でも乗せるというニューヨークのタクシーをもじって、等々)
しっかり仕事をするまじめさと人の良さは、しっかり伝わっているんですね。
そういう、多くの日本人の誠実な行為や人柄が評価されているんだろうなと思います。

ガガ、オノ・ヨーコら日本のために祈りを日刊スポーツ
「日本のために祈りを」、レディー・ガガが支援訴えるAFPニュース

写真特集ニュース速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
だんだんページが増えている被災地の写真集。
赤ちゃん救出の写真はホッとします。
クリックで拡大写真が見れます。


計画に終わってしまっている計画停電の余波による交通マヒや、物流のストップによって、関東での生活も不自由ですが、被災地の悲惨さを思えば温かいものが食べれ、休めるだけで、ありがたいですね。
学校も春休みまで午前授業で給食なし、保育園もお弁当と水筒、おやつ持参です。
お店にも物がありませんし、質素な食事でも、子どもたちも文句を言わずに過ごしてくれています。

今日一日を与えられたものとして感謝して過ごしたいです。
被災地に祈りをこめて
無事に一日過ごせますように。

よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

なぜ、天災が起こったのか?!そして、祈りと連携がパワーを呼ぶ!



去年もそうでしたが、今年の初めから特に、自然災害の大規模な被害が世界各地で起こっています。
洪水や、噴火や、大雪や…。また、動物の大量死や、口蹄疫、トリインフルエンザなどなど…。動物は天変地異を予測するといいますが…。

そして、日本で起きた巨大地震。マグニチュード9.0と発表されました。
地震も大きければ、津波は恐ろしく強力でした。ようやく、警報は解除されましたが、余震が続いているだけに、もしもまた大きなものがあれば、更に天候によっては、救助作業に影響も出たり、2次災害などの恐れがあるでしょう。

なんで、こんなことが起こったのでしょうか?
「天の怒り」といえば、笑う人がいるでしょうか。
笑う人は、この天災を食い止められますか?

「怒り」ではなかったとしても、この惨事は、私たちに反省の機会を与えるものだと思います。
私たちは、正しく生きるためにこの世に命を与えられました。好き勝手に生きるためではありません。人の役に立つために、かけがえのない存在として生まれました。

今回の犠牲者は、一万人を優に越え、数万単位になりそうです。
この人たちは、私たちの代わりに犠牲になったのではないでしょうか。
私たちはもっと生きるからには、役に立つ、価値のある生き方をして、彼らの無念さを晴らさなければなりません。
(デマを流したり、買占めしたりしてる場合ではないですよ。)

以前、「ノアの箱舟」が実際にあったものだというニュースを紹介しました。

この物語というのは、聖書に記されていて、日本人の私たちでさえ、知っているお話です。
「ノア」という人は、義人と神様に認められる立派な人で、ある時、神様に山の頂上に箱舟を作りなさい、と言われ、指示された通りに、120年も掛かって箱舟を作ったといいます。世の中の人々は、そんなノアをキチガイ扱いし、あざ笑っていました。箱舟ができて、「洪水が来るから」と人々に勧めますが誰も乗る人はいず、ノアは家族と共に、家畜や動物たちとともに箱舟に乗り込みました。信じる人はいなかったのですが、実際に洪水が起き、人々は水に呑まれてしまいました。

この、ノアの時代の洪水とそっくりなのが、今回の津波の被害のような気がします。

ただし今回の大震災では、助かった私たちが、ノアのような義人だとは限りません。しかし、残されたからには、何かできることがあるのではないでしょうか。
また、犠牲になった人たちは、ノアの警告を無視した人たち、とは種類がちがうのではないでしょうか。
都市部ではなく、地方の素朴な方々が多く犠牲になったのかもしれません。まさしく、犠牲になったのでしょう。

私は、若い頃聖書を読破して、「外伝」も読んだことがありますが、聖書には、ノアの時のように、都市が天災によって滅ぼしつくされる話がいくつも載っています。箱舟が史実であるなら、他の内容も、史実に基づいていると考えられます。

同性愛がはびこり、獣交の発祥の町であったソドムとゴモラという町は、その当時栄えた都市だったようですが、義人がいなかったために、ロトという人の家族だけが町から逃れ、後はみな火に焼け落ちて、町ごと滅ぼされてしまいます。

今、現代の欧米を初めとする大都市もソドムとゴモラという町に似たような状況になっているでしょう。関東の都市もそうでしょう。おいしいものを飲み食いし、着飾り遊びに興じるそんな人たちが、過去にも生きていたのです。そして、一夜にして、滅んでしまいました。

戦で町や村がなくなることも歴史の中では、無数にあったでしょう。
ただの物語ではなく、実際の教訓になる歴史の事実が残っているのです。

「神の怒り」なのか「警告」なのかわかりませんが、大自然の脅威の前に、あまりに何もできない人間の姿を見せつけられました。襟を正す時なのは確かです。
しかし人間はただそれだけでは終わりません。
こういう時こそ、助け合い、底力を出したいものです。
信じ、愛する思いが大切ですし、祈っていくことしかないでしょう。

「もうダメかなぁと思った時、家族の顔が浮かんできて、なんとしても助からなければと思った」と津波に襲われて救出された男性がコメントしていました。

海外でも祈ってくださっています。
また具体的な救援にも来てくださっています。

私も、津波の被害が分かってきた時点で、いても立ってもいられない思いで、子どもたちと一緒に祈りました。子どもたちは短い時間でしたが、私は引き続き祈る中で、私自身の気持ちも落ち着きましたし、祈りの力が、微力ながら見えないパワーとなって、今から具体的になっていく救助、救援活動に、届いてくれているのではないかと思います。

今日も乗り切って
もっといい一日を!
祈りましょう!
クリック↓
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村