さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年03月28日

「あきらめないことは偉大なこと」?!被災地からの命の便り、続々


2011.03.26 和泉川 スイセン.jpg



「やっぱり希望を捨てちゃいけない。もう一度頑張ろう」と、被災地の人たちにも希望を与えた、9日ぶりの生還劇、やはりこれをトップに持ってきました。

「一番大切な命は助かった。何でも無理ってことはねえと思うよ。だって俺らは人間なんだもの」 
「私ら泣いたりしてねーの。元気を分け合って生きていくのす」
これは、孤立した被災地の一つ、岩手県陸前高田市長洞(ながほら)地区の人の言葉。






否定的なネガティブな報道、ブログを見ても無責任な批判的なことばかり、でも、人はパワーを持っています。
政府も東電も責任を負うべき内容は消えませんが、責めることよりも、今、何をするべきなのか、それが大事だと信じながら、報道されるニュースの中で、希望的なものを探してみました。

9日ぶりに救出された祖母と孫、「あきらめないというのは偉大なことだ」とそのお父さんも語っていました。私たちだけがこんな幸せを味わうのは申し訳ない」と、ほかの被災者を気遣ったといいます。


「誕生 被災地で生まれた命への祈り 」
"Birth" Piano music
音楽・ピアノ 山中允さん



多くの人が犠牲になる中で、新しい命が誕生しているという話も聞きました。

生まれ、死んでいくのが人間の運命(さだめ)ですが、それはみんな同じなのに、わずかな一日の中でも一喜一憂しています。

もともと、いつか死ぬのだけれど、その前に何か残したい、残せないとすると未練が残ります。
何を残すんでしょうか。芸術家だったら、後の世に残る作品を、そして、人の心に感動をおこしたいと思います。スポーツ選手も、記録を残し、しかしそれ以上に感動をおこせるプレイができれば本望でしょう。

もうひとつは、愛です。大切な人を愛すことのできた記憶、これが何より貴重だと思います。
いろんな人のお話を今まで聞いてくる中で、一番の希望も心配も、子ども、孫のことです。自分だけでなく、愛するパートナーがいる人はその人のために生きようとするし、自分の子ども、孫に対しては力が尽きた中でも力が湧くのです。

最近、戦時中の苦労を思い出す高齢の方が多いようです。東京大空襲で焼け出されて、大変だった当時のことを、知り合いの女性から聞きました。
今は、あの当時を彷彿とさせるような戦争状態と似た非常事態なのでしょう。
焼け跡から出発した当時のことを思えば、今も越えられそうです。

原発に対して、深刻な話をする方もいます。それが正しいのかもしれないのですが、じゃあ、どうしたらいいのか、答えは出てきません。

これ以上の大きな被害を出すことはできません。

祈る中で、信じよう、という思いになりました。
もともと私たちは、これだけ生かされてきたんだなぁと、もしかしたら、今日まで生きてきたことが奇跡的なことだったのです。
私たちは、水、光、空気、食物などがないと生きていけません。どれかがなければ、生きられないのです。

主人の母が亡くなった時、病気が、肺に転移していたのです。呼吸ができるかというのが一番の命の綱です。呼吸ができなくなって、結局は亡くなりました。

原発が大変なことになっていますが、もしものことがあったなら、日本だけが滅ぶのでは済まされないような事態になってしまうでしょう。人に迷惑をかけるのを何よりも気にする日本人の私たちが、そんなことはできないのです。

今回、せっかく生まれた命を守れる日本に復興したいのです。
否定的なことよりも、可能性を信じ、祈っていきたいと思います。

今回の震災で、嫁いでいた娘さんを亡くした人の話を聞きました。話した人の直接の友人の話です。娘さんは妊娠中で、いったんは安全な所に逃げたのですが、舅と姑が気になり、下に下りてしまい、亡くなったということです。
義父母は、津波に呑まれそうになったものの、人に助けられて無事でしたが、若いお嫁さんとお腹のお孫さんを失って、言葉もない状態だったとのこと。

まだまだ寒い日が続きます。それでも、また陽が昇るし、プレートが動いていようといまいと、地球は回っています。

そのこと事態が奇跡的なことなんです。
もともと、水や空気や、適度な太陽の光や、食物がなぜあるのか、この絶妙なバランスをどんなに科学が発達しても、未だに一から作り出すことは不可能です。

もちろん、いつかはあの世にお呼びが掛かるわけですが、この奇跡の星の上で、未来の子どもたちの笑顔を、ずっと永遠に見ていきたいと、それが私たちの一番の願いなんじゃないかと思います。
命の誕生というのは、犠牲になった多くの人たちにとっても、喜びに違いありません。
亡くなった魂と、生れなかった命の分も、子ども達に輝いた人生を、と祈りました。

あきらめてはいけないのです。

原発の放射能漏れが誤報だという報道前に準備したので、
少々悲壮な思いで書いています。ご理解を。


よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村

写真はひでわくさん「スイセン」



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

見えない放射能はなぜ怖い (2)「裸の王様」にならず、お祈りを纏う生活を?!




「放射能は、目に見えないから怖いんです」とテレビで女性がコメントしていました。だから、放射能パニックが起こるんですね。

もともと、原発というのは、嫌われ者でした。でも、電気が必要だから、東電に任せて放ってきたのです。もらうものだけもらって、虫のいい話です。人間に対しても、物に対しても、こういう態度はいい結果を生まないということです。
「ハシも人も使いよう」といいます。原発が悪いのではなくて、しっかり対策をしてあげなかった人間の責任です。
と、ここで誰の責任かとたらいまわしにしても、仕方がありません。怒った原発を鎮めるために、現場では懸命な努力がされているでしょう。

計画停電で、不自由な生活をされている方も多いでしょう。
放射能汚染を心配して、外にも出れないという方々もおられるでしょう。

先日、昼間の電車で、マスクと毛糸の帽子で完全武装している家族に出会いました。異様なほどでしたが、放射能は目には見えませんから、私の方がおかしいのかもしれず、笑うに笑えませんでした。

東京や、関東各地の水に放射能反応が出て、乳児に影響が出るということでしたが、母乳には影響がない量だということは、ほんの微量だったということです。
私の長男には母乳だけの頃すでにアレルギーがあり、私まで、卵、乳製品、豚肉、鶏肉を制御していましたから。

翌日にはどこの浄水場も解除される状況をみると、やはり、自然になくなるというのは本当かもしれませんね。心配な方は、お水を汲み貯めしておけばいいかもしれません。

私にも、放射能は見えませんから、大丈夫、と太鼓判は押せませんが、いつも通りに過ごすしかないのではないでしょうか。いつも通りに過ごさず、パニックになる必要はないし、それは心の無駄使いというものです。心配しすぎると疲れますから。
心配しても、私の心配がなんの力にもならないのですから。

心配するより、有効な祈りをする方がずっと私たちの精神衛生上も、そして原発のためにも効果があると思うのです。

いきなり「私たちの身が安全でありますように」と祈るのではなく、「今日も朝を迎えられて感謝します」とまず祈るのがいいお祈りです。感謝すれば、その分、私たちの心に新たなエネルギーのようなものが注入され、心も落ち着き、パワーも出てきます。

そして、「あの忌々しい役立たずの原発が、これ以上被害を出しませんように」と祈るのではなく、「今まで私たちのために役に立ってくれた原発が、どうか鎮まって、元の姿になれますように」と祈りましょう。

「私の無事」ばかりを祈るのではなく、「私たちの美しい日本の姿を信じ、再生を信じます」と祈って、私たちのために頑張っている原発の現場の人たちが、力を発揮できることを信じ祈り、被災地の方々が希望を失わないことを信じ祈ってあげましょう。世界や日本全体のことを祈らないと、自分だけが安心な所に逃れられますようにということでは、祈りは聞かれにくいし、実現はしにくいでしょう。

今こそ、日本のためだけでなく、世界のために祈る時だし、神様もパワーをもらえるようなプラス思考のお祈りをすべき時です。

祈りというのは、私たちの「思考」のはるか上の次元の力を与えるものです。自分だけではどうしようもないことを抱えて、パニックになるのは、マイナス思考を充満させることです。プラスパワーを得るのは、自分の力に固執していてはできません。

見えない神様は信じれないという人が、見えない放射能だけ信じると異常に怖いのかもしれません。幽霊を怖がるのも同じ心理です。(私も昔は怖かったのですが、今は気分のいいものではないけれど、怖くはありません。)

神様は信じないできたとしても、世界中で祈ってくれているその祈りは信じられるでしょうか。見えない、愛や思いやりというものも、信じられますよね。そして、そういうプラス的なパワーが心を温めることを信じるとしたら、それを伝えていきましょう。それを育てていきましょう。

そして、いい機会だから、神様を信じてみませんか?その方が私から見れば、とても自然だし、プラス的な生き方になると思うのです。

つい、デマを信じて、「裸の王様」になりかねない私たちにとって、祈りをまとう生活は、不要なデマから私たちを守る見えないバリアとなってくれ、停電の暗闇を照らす希望の輝きになってくれるはずです。


「記憶 地震後に祈りを込めて」 ピアノ音楽
"Memories" Piano prayer for the victims
山中 允さん



よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


こちらの記事もどうぞ→見えない放射能はなぜ怖い?!「裸の王様」の服を信じさせるデマの効果


2011年03月26日

まず純潔、それがダメなら定期検診、子宮頸がん ワクチンは論外?!「大切なあなたへ」ACジャパンCM考(2)


1758252花カード.jpg


ご訪問ありがとうございます。
この記事は「子宮頸がん ワクチン」のカテゴリーをつくり
新たに作り直しました → こちら

大切なあなたへCM動画は削除されました☆

「正しくは、純潔でない乙女、及び既婚女性に対する定期検診の勧め?!」というタイトルにしようと思ったのですが、すごすぎるのでやめました。(純潔でないと、「乙女」といえるかどうかも疑問です。)
仁科さん親子は、既病歴があり血縁なので、当然定期検診は必要でしょうから、その限りでは(おそらく)ありません。

定期検診は自治体からのものだと比較的、安価で受けられるし、無害なので、可能性のあるすべての女性は受けるに越したことはないでしょう。(先回の記事で、必要ないと勘違いするような書き方をしたかもしれませんが。)

定期検診は、いいのですが、今日あげるのは、万能予防薬かと思われている子宮頸がんワクチンの疑問です。

まず純潔、それがダメなら定期検診、
ワクチンは論外、
というのが私の中での結論です。

実際、お金に換算しても、純潔を守るための医療費は掛かりませんが、定期検診、ワクチンとなるに従って、お金もかさむし、その間の時間も取られます。



子宮頸がんの予防として、政府が150億円の予算をつけて、全国で無償化が進んだワクチンについては、驚くような事実もあります。知らないで、接種している女性、させている親も多いと思うのです。


以下、ジョージフ・マーコラ博士のお話
CDC(米国疾病予防センター)によると、ヒトパピローマ・ウィルス(HPV)は、アメリカでは性交による感染症で最も多い病気である。毎年600万人以上の女性が感染しているが、子宮頸癌で命を奪われる女性は3,900人以下であり、その大半は、定期的なパップスメア(子宮頸がん検査)を受けてないことによるという。英国では毎年、子宮頸癌で400人が亡くなっている。
子宮頸癌の死亡率がこれほど低いのは何故だろうか?
それは、通常、人の免疫システムは、この種の感染であれば、自力で片付けることができる能力を持っているからであり、全症例の90%以上では実際にそうである。CDCのウェブサイトでさえも、この事実を認めている。

予防対象のウィルスは、98%の場合、子宮頸癌の原因でないウイルスである。
 
定期的な婦人科検診を推進すれば、簡単に発見・治療できるタイプの癌を防止するものである。

若い女性に伝えるメッセージとしては、これが適切だと思う。
90%の確率で自然に消える感染症を予防するために、深刻な副作用の危険のあるワクチンを接種する理由は、全然ない。それに、予防できるという保証はない。ワクチンを受けてもHPVに感染する可能性は依然としてあるからだ。ワクチンを接種する人が有利になる状況は、本当にない。
詳しくはこちら

高額な上に(接種費用は合計4万〜5万円)、副作用も多く、死亡例も多々ある???のワクチンだというのです。
それも、万能なワクチンではなく、感染の原因となるHPVというウィルスは何種類もあるのに、2種類だけにしか有効でないし、ワクチンの効果は6年しかもたないといいます。
それに加え、接種を受けて失神するなど、とても痛くて、3回接種が必要なのに、もう二度と受けたくないと思うほどだとか。
それから、すでに感染している人には、効果がないどころか、極めて危険だという報告があり、欧米では、必ず性交渉前の10代前半の少女が接種対象になっています。製薬会社は、妊婦以外の健康な10~45歳の女性なら誰でも受けれるとしていますが…。

劇薬との表示もあり、性交経験者には接種が意味がないという報告もあり…、これでいいのかと、疑問だらけ。(私は判断しかねます。)

コンドームも完全な予防策ではありませんが、70%は予防できるということ。
それなのに、ワクチンの効果は60%から希望的にみて70〜80%といっていますが、これって、低すぎませんか?90%以上はあってほしいです。
(それでも私は子どもにも打たせるつもりはありませんが)

なぜ、これを、公費でまかなう意味があるのか、ここまで勧める意味があるのか、なぜ、はっきり伝えないのか、と疑問が大きく湧いてきます。

一昨日の記事では、デマを信じず、公式発表を信じよ、と語っておきながら、反対のようなことを言っているようですが、それは表面だけのこと。(時と場合によるということです。)
真実を信じる思いは、誰にも負けません。

それよりも疑問に思うのは、思春期の女の子たちに、「ワクチン接種すれば、セックスも安心」、というかのようではありませんか。
どこか、おかしい、と思うのです。問題を複雑にしているだけで、もっとシンプルな話かなぁと。

思春期の皆さん、婚カツ中のお年頃の皆さん、純潔をお勧めします。
リスクを犯して、二度と戻らない大切なものを喪失することはありません。

また、痛い思いをして、万能ではないワクチンを接種する必要はありません。
公費を使わせる上に、因果関係は認められていないといっても、接種直後に死亡したり、副作用で調子が悪くなる例が報告されていることからも、そんな危険を冒す必要はないと思います。
(上記AFPニュースだけでなく、アメリカでは2、30の死亡例があるにも拘らず、因果関係なしとなっています。)

そういうことを踏まえた上で、貞操を守る自信がない場合、純潔を失う予定の人は、事前にワクチン接種をするのがいいかもしれません。(自己判断に委ねます。)

でも、6年しか効果がないなら、その後は、定期検診を受けるしかないということですね。

あ、ほら、わかりましたね。早くから子どもたちが、性交をすることを、予期して、心配して、検診に行こうと勧めるのではないですか。

それよりも、子ども達に話して聞かせたらいかがでしょうか。
痛いワクチンも嫌だし、怖い病気になるのも嫌ということになれば、一番いいのは、性交をしないことです。少なくとも、十代の初性交ということになれば、それこそ、子宮頸がんのリスクがグッとアップするのです。

信頼でき、愛情を持った男性なら、むやみな性交は迫らないはずですし、お母さんも、賢く、狼たちをおとなしくさせる方法を教えてあげてほしいなぁと思います。
女性の出方次第で、若い精力旺盛な男性であっても、抑えざるを得ないでしょう。別のことで楽しい時間を持つことはいくらでもできます。

思春期の性は、依存症になることが多いようです。特に家庭の愛情が不足している場合は、異性にのめりこみます。

信頼関係、というのはまず、親の方から信頼されるような言動をし、何よりも子どもを信頼してあげることから。母と娘なら、スキンシップもいいですね。

よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


以下は、日本で認められている子宮頸がんワクチンのメーカーからの質問の答えの抜粋です。
子宮頸がん予防ワクチンの死亡例について教えてください。
臨床試験時に13例、市販後において海外で数例死亡例の報告がありますが、その原因はワクチン接種前から患っていた持病の悪化や交通事故などで、何れもワクチン接種との因果関係が明確な症例はございません。

HPVワクチンの添付文書には「劇薬」との記載があるが、「劇薬」とは毒性が強いという意味ですか?
HPVワクチンの添付文書に記載されている「劇薬」の表示は薬事法第44条が定めている定義に基づいて記載しています。すなわち致死量が経口投与で体重1kgあたり300mg以下、皮下注射では体重1kgあたり200mg以下を「劇薬」としています。定められた用法用量を守って接種いただく分には問題となるものではありません

イギリスで数千件の副作用が発生しているというのは事実ですか?
イギリスで数千件の副反応が報告されているのは事実です。イギリスにおける全ての予防接種の副作用報告はMHRA(英国医薬品庁)により定期的に公表されています。2010年7月に発表された最終報告によれば、2010年7月までに400万回以上の接種が行われ4,445例、9,673件の副作用報告が受理されました。主な副作用は「痛み」や「赤み」、「腫れ」などでした。この間に新たなリスクは特定されず安全性に問題は無いと結論されています。

サーバリックスは失神の多いワクチンなのですか?
予防接種を受ける時に緊張していたり、もともと注射が苦手な人は、予防接種後に急にフラフラしたり意識がなくなるなど、いわゆる失神を起こすことがあります。特に思春期前後の若い人に起こりやすいと言われています。…云々

日本人では、HPVワクチンは60%の予防効果しかないのでは?
日本においても海外と同様に、子宮頸がんから検出されるHPVは、16型および18型が多く、全体の約60%を占めています。特に20〜30代の若年層でのHPV16型/18型の検出率は80〜90%であり、子宮頸がん発症リスクの高いこれらの年代においてはさらに高い予防効果が得られるものと考えられます。
また、現在国内で販売されているHPVワクチンはHPV16型/18型を対象としたワクチンですが、海外の臨床試験において、HPV16型/18型以外の型に対する感染予防効果も認められております。この効果を考慮すると、全てのタイプの発がん性HPVに対する予防効果は、約70〜80%になることが期待できます。



posted by kuri-ma at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ACジャパンCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする