さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年02月25日

北朝鮮…クレイジーな虚構の国?!《付録》写真特集「金正日」




ニュージーランドの地震、また火山の爆発など様々な天災が世界中を襲っている昨今、中東地域では、デモの波がドミノを倒したように止まらない勢いになっています。
そして、もう一つ残されているのが、限界で大変な北朝鮮です。
昨日もお伝えした北朝鮮情報。北朝鮮が今のように一党独裁の国になった経緯は以前お伝えしました。延坪島砲撃!朝鮮半島はいつなぜ分断され、いつそれが解けるのか…?!
海外で話題になっていたという、おもしろい資料がありましたので、ほぼすべて掲載してみます。
北朝鮮の一人当たりの国内総生産(GDP)は
1800ドル(約16.3万円)
アメリカの一人当たりの国内総生産(GDP)は
46442ドル(約420万円)

北朝鮮は世界で4番目に大きな陸軍を持っており、常に活動している兵士が110万人いる。
1位は中国 225万5000人
2位がアメリカ 147万3900人
3位がインド 141万4000人

北朝鮮の軍事費は国内総生産(GDP)の25%
アメリカ 4%
ロシア 4%
中国 1.7%

北朝鮮は5000トンの化学兵器を持っていると専門家は予測。
さらに10発の原子爆弾を持っていると見積もられている。
ロシア 12000発
アメリカ 9400発

教育は16才までが義務教育で、96%は政府運営に携わる。
受ける教育の8%が共産党モラルの学習や最高指導者への崇敬について捧げる時間である
識字率は99%
ギリシャ 97%
ブラジル 90%
パキスタン 49.9%


北朝鮮という国がいかに貧しいか、GDPに表れています。実際はもっとひどいかもしれませんし、この時点より更に悪化しているはずです。

そして、そのなけなしのGDPの25%を占めるという脅威の軍事費。
兵力も、人口の多い、中国、アメリカ、インドにつぐ第4位の兵士の数。人口の比率からいえば、恐ろしいことになるでしょう。

識字率の高さは教育水準の高さを物語るものではなく、ほとんどが共産主義(北朝鮮独自の「主体思想」というものがある)に基づくもので、選択の余地がないのです。
(驚愕の教科書内容を暴露した本がありますので、参考に↓下記)


どんな思想かというと、個人の自由はないのです。物も、考えも、住む所も
旅行(移動)も自由がありません。

正式には朝鮮民主主義人民共和国と呼んでいるが、実際は全体主義である。
スターリンのように独裁主義である。

市民は17歳になると投票出来るが、投票する党は一つしかない。

政府は5万人の政治犯を収容する強制収容所を運営している。

人権と言う意味で世界ランクは最低の部類である。
・宗教の自由はない
・報道の自由はない(メディアそのものが政府により運営されている)
・市民は自由に移動ができない(乗り物やガソリンはエリートだけのもの)

何千人もの民衆の面前で公開処刑が行われている。

以下の罪で処刑される
・国際電話をする
・食糧を蓄える
70万〜350万人が処刑されたと見積もられている。
同上


金正日総書記について

金正日はソ連で1941年2月16日に生まれる。金正日総書記は正式な投票によって北朝鮮の総書記になったわけではない。亡父である金日成が永久総書記として彼を任命したが、彼の伝記によると、彼は神聖なBaektul山で、二重の虹の下で生まれたことになっている。

・彼の伝記には排便や小便をしないと記述されている。
・彼の初めてのゴルフは正式発表によると、
  38アンダーで11回のホールインワンがあったとされている。
・飢餓問題は、大きなウサギを繁殖することで解決しようとした。
・個人ではもっとも大きなヘネシー(コニャック)のバイヤーであり、
  年に70万ドルを輸入していた。
・労働者は彼が食べるご飯粒が全て同じサイズで、
  同じ色であることを検査しなくてはいけない。
・国民には彼と彼の父親が、世界とその天気を支配していると伝えられている。
・本人は160cmでありながら背の低い者を嫌い、
  平壌に住む背の低い者たちを無人島へ移した。
同上


金正日(キム・ジョンイル)を、父と仰ぎ、神格化しているわけですが、その後継者となるらしい三男の金正恩(ジョンウン)についても、同様の神話が作られるんでしょうね。
その神話が、嘘で固められているように思うのは、私たちだけなのでしょうか?北朝鮮の人々はどうなのでしょう。
でも、疑問に思ってそれを口に出せば殺されるのですから、命懸けで、この虚構の国を守っているというのが現状なのでしょうか。

餓死するか、脱北するか、どちらにしても生死の境に来てしまっている北朝鮮の人々…。
抱え込むのは、大変だと傍観してはいられない状態、
まさにニュージランドで、瓦礫の下で救出を待つ人の状況と、どちらが生に近いだろうと思ってしまうのです。

中東でのデモでも、多くの死者が出ています。
しかし、北朝鮮の人々は処刑されるにしても、病気や飢餓で亡くなるにしても、お腹いっぱいおいしいものを食べた記憶を持って亡くなっただろうか、そんなことも夢でしか許されなかったのではないでしょうか。

人間として、胸が痛過ぎます。




今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村


参考:金正日:AFPニュースのページ

北朝鮮・驚愕の教科書       マンガ金正日入門-拉致国家北朝鮮の真実