さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年02月22日

縁を結ぶ国?!にっぽん(2)


2010.06.11 和泉川 抜け殻.jpg


縁とは―
「日常生活に溢れているもの。たくさんあるけど、見逃しているだけ」
(良縁を得たのかな?という雰囲気の)神社に来ていた女性のコメントです。

日本人にとって、とても馴染みのある言葉に「縁」があります。
古くは日本書紀に縁「コトノモト」と記されているとのこと。
元々は中国から伝わった仏教由来の言葉ですが、日本の風土に合っていたんでしょうね、何でも「縁」で片付けてしまえるくらいに浸透しています。

「あうん」の呼吸や、「以心伝心」に至れるほどの深い縁から、「袖触れ合う」ちょっとしたご縁まで、人との出会いはすべて「縁」というものが関わっているのかなぁと。

「縁」は結ぶもの。それは自分が結んだというよりは、見えない神様が、そして先祖が結んだものなのだ、そういう考え方があるようです。

今年のお正月に紹介したテレビ番組ですが、「あさイチ」は見ただけだったのですが、「縁を結ぶ国にっぽん」は録画しましたので、これっと思われる言葉は文章に起こしました。(ご紹介が遅れました。)

日本最高齢の助産師、坂本フジヱさんのお話では、「(赤ちゃんは)満潮の頃にできる(生まれる)ことが多い」のだそうです。
そういえば、長男と長女を出産した病院で看護婦さんから聞いた話では、「出産の波がある」ということでした。「特に重なる夜がある」のだそうです。それが満潮に関係するのか、潮といえば、月とつながるから、月の影響があるのかもしれません。
「縁」にもタイミングがあるんですね。

坂本さんの言葉
赤ちゃんが誕生してくるということは、よくよくの、有難い奇跡なんですよ。この親にこの子どもができてきた。それがご縁でしょ。
何で私がここへ生まれて、育って、こういう人にお嫁に行って、子供ができて、こんなんなっているかというと、
ほんと、神の配慮による縁としか考えられないでしょ。


長年大阪で結婚相談所を経営して縁結びをしてきた橋本さんの言葉
ほんとに縁というのは、神様が作ったものなのか、その人たちが生まれた時にちゃんとね袋を持って生まれてきてると思うんですよ。
その袋をどこで開けるのか、どこで結んでもらえるのか。
縁って、とっても曖昧なもので、不思議なもので、神秘的なものだと思います。


瀬戸内寂聴さんの言葉
亡くなった人は、ここにいます。冷たいお墓なんかにいません。
何回忌というものは、残されたものが安心するためにするのかもしれません。
会いたくないというなら、生きていても無縁仏のようなもの。
いつまでも忘れられないことが、死んだ人が嬉しい。


今、生きている時にどれだけの縁を結べるのか、それが私たちの財産になり、そして、日本や子どもたちに残してあげられる大切なものだと思うのです。いい縁を結んで、いい財産を残してあげたいですね。

笑顔と挨拶は、よい縁のために、私たちができる第一歩。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

写真はひでわくさん「抜け殻」


【kuri-maの参考記事】縁を結ぶ国?!にっぽん