さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年02月16日

ドミノは止まらない?!〜中東のパラダイム・シフト〜


朝の輝き、赤の世界。.jpg


ムブラク大統領が辞任して、ようやく大規模デモが収まったエジプト。チュニジアからから波及した民衆の蜂起は、中東やイスラム圏に大きな影響を与え、どの国にまたそれが及んでもおかしくない状態のようです。
チュニジアやエジプトが抱えた経済問題というのは、アラブの他の国々も同様に持っている深刻な問題で、各国政府はすぐに解決できない問題だけに頭を抱えている状態でしょう。
その、勢いというものは、もう抑えられないものを感じますね。
もうドミノは倒れ始めてしまったからには、止めようがありません。

今回、デモが起こって死者も出たバーレーンは産油国で豊かな国だと思うのですが、チュニジア、エジプトの政変に触発され、フェースブックによってデモが呼び掛けられたとのこと。
これを抑えるために、国王は11日、全世帯に1000バーレーン・ディナール(約22万円)ずつ支給することを決定、民衆の不満に対する緩和策を講じていたにも関わらず、その勢いは止められなかったようです。

パキスタンにおいては、3年前に暗殺された女性首相ベナジル・ブットさんの事件に関与したとして、当時の大統領に逮捕状が出ました。
前から怪しい事件とは思っていましたが、いよいよ真相が明らかになったという感じですね。


中東、イスラム圏では、長く権力をも持つ者の圧制や搾取、独裁が続いていました。その宗教の持つ閉塞性と政治にも何もかもに絶対的なものとして働く影響力は、脅威としか言いようがありません。ムスリム、イコール、テロと考えるのはもちろん間違ったことであって、テロによって苦しんでいるのは善良なムスリムの人たちでしょう。
しかし、その思想の中に、テロに発展する危険な要素があることも確かなようです。「目には目を、歯には歯を、命には命を」というものが現代にも生きているのです。

日本にもかつて江戸時代までは「あだ討ち」を正義とするそんな考え方と、風潮の世の中でした。「あだ討ち」のために、平凡な生活に別れを告げ私財を投げ打って、ひたすら仇を追うのです。そして、その「あだ討ち」が成功すれば、その人はその仇の家族にとっては仇となってしまう。堂々巡りの恨みの連鎖です。
それが中東の思想にもあるのではないでしょうか。

「パラダイム・シフト」とは、今まで当たり前だと思っていた考え方が劇的にチェンジすることで、例えば太平洋戦争直後の日本がそうでしょうし、20年前のベルリンの壁崩壊による東欧、そしてその止まらなかったドミノによって、ソ連も解体して、ロシアになりました。
それが、中東やイスラム圏に、確実に起きているということでしょう。

旧暦の元旦と共に、本格的な「辛卯の年」が始まったことをお伝えしましたが、「固い殻を突き破るような革新の年」、というのはまさしくその通りになってきました。また、「一旦枯れ果てて死んだようなところから、再び芽を吹き新しい春の訪れと共に、青葉が繁る」そんな年だということでしたが…。
これは、ムスリムの話だけではなく、私たちにも、同じように表れる年だということです。何を革新するのでしょうか?私も考えていることがありますが、皆さんも、善は実行すべきですよ。ただし、犠牲は伴います。それも覚悟の上でないと、ということですが。
チュニジアや、エジプトの蜂起もこの年回り、タイミングというものがあっったから成されたことでしょう。ドミノは倒されてしまいました。もう、その勢いは、止められないでしょう。



ムバラク体制崩壊、広がる歓喜の渦
写真18枚―AFPニュース


歓喜に沸く、エジプトですが、いまだ経済は麻痺し、デモの影響は大きいようです。
更に全権を委譲された副大統領も、ムバラク元大統領寄りの人物であり、エジプトが変わっていくのは簡単なことではないでしょう。
しかし、これが大きな出発と考えるしかないですね。

今日もいい一日を!
よろしかったら、クリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村

写真は「朝の輝き、赤の世界。」芥川千景さんこちら
リンク集に加えました




posted by kuri-ma at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

パンダも親離れ?!〜米動物園から〜



生後18ヵ月で、親離れを迎えるんですね、パンダは。この米カリフォルニア・サンディエゴ動物園のユンツィーは、そのための慣らしも順調で、もうすでに午前中は母と別に過ごしているとのこと。
パンダもこうやって親離れするんですね。

昨日、キタキツネのドキュメンタリーをしていましたが、ある時期になると、母は子どもに牙を向き、縄張りから外に追いやってしまいます。野性の世界では、いつまでも親子仲良く共存ということはできません。生きていくためには、我が子も心を鬼にして突き離す、そんな時が必要なんですね。

動物の中で、親離れ子離れが一番難しいのが人間でしょう。
人間社会というのは、一人で生きていくようにはできていません。
家族という囲いがあるから、一人一人の人間もやっていけるのです。

人間にとっても、親離れ、子離れのタイミングは大切でしょうね。
べったりの赤ちゃんの時代を過ぎて、子どもも自分の足で歩き、なんでも自分でできることを覚えていきます。
人間の場合は、友人など人間関係もとても大切ですが、親子の中で培われた愛情と絆が、社会生活にとても反映すると思います。
どんな大人にするのか、親の生き方を、子どもが真似するのは、動物でも人間でも同じなんですね。

親離れ、子離れを、してしまえば、一人の人間同士、もっと自由に付き合えるんでしょう。

私の子どもはまだ成長過程ですが、乳離れした時の開放感は口では表せません。今は「卒乳」って言うんですが。
なんでも、「卒業」というタイミングがあるので、そのタイミングを逃さずに、いい区切りがつけれたらいいと思うのです。

では、今日もいい一日を!
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

タリバン夫に鼻と耳を削がれたアフガン女性?!話題の写真が大賞に


1129893タイツリソウ.jpg




バレンタインデーに、夫から虐待を受けた女性の話はそぐわないかもしれませんが…
今日は、まずこの写真を見て頂こうと思いました。
今回、「2010年世界報道写真大賞」に選ばれたのが、2010年8月7日号の米『タイム』誌の表紙に掲載された、「タリバンの夫に耳と鼻を削がれたアフガン女性」(ビビ・アイシャさん)の、衝撃的な写真です。

彼女の身に何が起こったかについてはこちらを。↓


そしてアイシャさんは既にアメリカで、整形手術を受けています。↓


回復した美しい姿が見られてホッとしましたが、アフガンには、無数の虐待を受ける女性たちがいるといいます。
暴力が政治にもまかり通っているようなお国柄、トップのカルザイという人もメチャクチャそうですし、恐ろしい国です。

アフガンもテロが頻発する国の一つですが、国際的なテロもあるのでしょう。
どのようになっているのか、訳がわかりませんが…。
アルカイーダも、アフガンに拠点がありましたね。
テロの脅威についての記事です↓



日本はあまり、テロとは関係ない、と思いがちかもしれませんが、アメリカが標的だということは、対岸の火ではなく、日本にも関係があることでしょう。
そして、それは、アフガンや他の国々で、更に人権が踏みにじられ続けていくことになるのです。

貧しいだけでも大変なのに、衣食住の心配だけでなく、暴力や虐待のない社会というのが、どうしてこうも難しいのかと思わされます。

日本のバレンタインデーのために、どれだけの消費がされるのかはわかりませんが、平和ボケの日本の一人一人が、もう少し世界に気を配れば、もう少し何かできるのではないでしょうか。
人の人権に無関心な、実は人権後進国の日本なのかもしれないと思いました。
チョコの替わりに世界の子どもや助けの必要な女性に、何かをあげられるはずです。
まず知ることから。そして祈ることはできると思います。

愛する人にプレゼントするのは美しいこと、でもこういうバレンタインデーのようなことをできる余裕があることは、本当にありがたいです。どうせなら、あげる方も受け取る方も、まごころをこめて、いいバレンタインデーに。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする