さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年02月19日

考えすぎの克服法とは?!〜考えすぎる女たち(6)〜


2010.01.02 精進湖 雑草.jpg


女性はとかく、些細なことを気にして考えすぎてしまう傾向にあるようです。
ひとたび考えすぎると、心配事が雪だるま式に大きくなります。
「考えすぎ」は「イースト効果」という些細なことを、とてつもなく大きなものに膨らませる効果があります。心配事、怒り、マイナス的な思い…こういうものは「考えすぎ」によって手がつけられない化け物になってしまうのです。

考えすぎると、ろくなことにならないというお話を昨年5回に渡ってしてきました。
考えすぎによって、同じ人生も更に厳しいものとし、時に人間関係を壊すほどになり、さらにうつ病や依存症などの深刻な問題に発展することもあるといいます。
「考えすぎる女たち」の著者、S.ノーレン=ホークセマは、心理学教授という専門家の立場から、長年の研究や診療の経験に基づき、具体的な集計的データ等、他の研究者たちのものも含めた多くの事例を交えながら、説得力のある内容を教えてくれています。


今日は、考えすぎから脱却し、克服する方法についてお話したいと思います。

「何にもする気力がない」とか、「こんなこと役に立つわけがない。私には無理だわ」という人、そんなあなたこそ、すでに考えすぎに陥っていると考えられるのです。
悪い習慣になって、自分で自分の首を絞めていることに気付かない場合も多いのです。

考えすぎの克服は「アリ地獄」からの脱出に似ているといいます。

1.(あなたを捉えて離さない)その考えを断ち切ること

2.深みから這い出し、高い位置に立つこと

3.考えすぎの「わな」に再びはまらないようにすること

まず、第一に、その考えを断ち切ることです。マイナス的な考えを続けているだけで、冷静な気持ちは消え、悪い点しか見えなくなり、感情の火をあおって、自分でもコントロールできない巨大な炎にしてしまいます。
ですから、まず、その考えを一旦中止するのです。

そのための方法として
☆「緊急避難」的に気分転換をはかること。(悪循環を断ち切る)

・楽しいことに熱中すること。何でもいい、その人にあった、他の前向きな作業などをして、その考えから遠ざかるのです。

・その気分転換の際、より効果的なのは、立ち上がって体を動かすことだそうです。静かに座って心を集中させる方法もいいのですが、即効的には体を動かすことがいいようです。

・また、場所を変えてみるのもいいとのこと。

・逆に避けたほうがいいのが、アルコールと、過食です。それで気持ちがスッキリするわけではなく、逃げるだけなので、場合によっては量や頻度が増え、中毒症状や病的なものになりかねません。

・立ち上がることも場所を変えることも難しい場合など、とにかく、自分の考えに振り回されず、「思考の交通整理」をしなければなりません。

心の中で、「ストップ!」と叫ぶなどして、暴走を止めるのです。自分でそういう思考をストップさせるサインを考えたり、グッズを買って考えすぎが始まるたびに取り出してストップさせるなど、工夫してもいいということです。

「私の頭を占領させようったって、そうはいかないわよ」と、言ってみるのもいいかもしれませんし、あることが起こって考えすぎてるとしたら、「こんなことに私の生活を支配されたらたまらないわ」と、自分に言い聞かせてみてはどうでしょうか。

☆その他の効果的手段を取る
緊急的にまず、考えすぎを断つことですが、以下の内容も効果的です。
最初からこれでうまく対処できる人もいるでしょうし、緊急避難を講じてから、更に組み合わせていけばいいでしょう。

*「考える」時間を予定に組み込む(「時間」のクッション剤を使う)
どうしても考えなければならない問題の場合も、考える時間を予定に組み入れて、今は他のことに集中するということも効果的です。
「午後6時になったら考える」
こうすることで、どうしてもやらなければならないことを先に済ますことができます。
そして、その時間が来てみると、不思議にあれほど気になっていた問題だったはずなのに、たいしたことではないような気がしてくるものです。
ただし予定に入れるなら、寝る前は避け、できるだけ気分のいい時間帯にすること。そして心配な人は、友人などと一緒に考えるようにすることです。

* 祈りと瞑想

* 誰かにきいてもらう

* 書き出してみる

* 喜びを見出す「ポジティブな感情戦略」
   
   @(愛する人と過ごした)楽しい時間を思い出す

   A気持ちが明るくなるようなことを、自分に言い聞かせる

   B状況のよい面を見るように務める

   Cユーモアのセンスを忘れないようにする

これらについては、また詳しくお話ししていきましょう。



とにかく、考えすぎの泥沼、アリ地獄のような悪循環にはまらないことです。
気付いた時に、早めの対処をするというのがいいのでしょう。
よい循環のために、笑顔で挨拶。
今日もいい一日を

よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


今日の内容は、「考えすぎる女たち」を要約した内容です。
「考えすぎる女たち」S・ノーレン=ホークセマ

写真はひでわくさん「雑草」



2011年02月18日

《続報》ジャンクフードはIQに影響?!/イスラム教が4人に1人に?!/ウガンダ同性愛者殺害


2011.02.16 大池公園 紅葉の奥に紅梅.jpg


今日は以前に紹介したニュース記事の続報をお伝えしていなかったので、ちょっと取り合わせが悪いですが、まとめてお伝えしていきます。



ジャンクフードのトランス脂肪酸の恐ろしさについてお話しました。
上の記事は、ジャンクフードなどの食事が、子どものIQを損なうという、イギリスの研究結果です。
「ジャンクフードがIQに悪い影響を与えうる主な理由は、幼少時の脳の発達の鍵となるビタミンなどの重要な栄養素が、加工食品では不足しているためだと考えられる。」とのこと。
 


世界のイスラム教徒の割合は、1930年までには世界人口の4分の1にまで膨れ上がるという試算が発表されました。これまでの出生率に加え、移民などによって中東以外の国々も含め、今の2倍の人口になるというもの。イスラムの勢いというのは止められそうにありません。
しかしこの試算によれば、1930年以降は横ばいになる見込みだとのこと。 

先回、バングラデシュでのムスリム最大の行事についてお伝えしました。↓
私はムスリムについては詳しくありませんが、最大の理解を示しても、「一夫多妻」の考え方に同調するものではありません。
これについて補足しておくと、イスラム世界では、砂漠など生きていくに過酷な環境に加え、戦争によって夫や親を亡くした女性や子ども達が増えるるケースが多かったとのこと。
一夫多妻というものは、そんな環境の中で生まれてきたもので、あくまでも喜捨≠ニいう精神に基づくものだったと言う話です。持てる者が与えるのは当たり前、だから夫がいない妻も抱え込んであげたのでしょう。
富者が貧者を救う一環です。←物乞いと施し、どちらが得?!
喜捨≠ノついて書いてます

ただし、「目には目を」の思想が生きる中で、女性や子供が物のように取り沙汰されてきた側面もあるようです。人権ということを考えた時には、今のままでは問題が多すぎという気がします。
先回お伝えしたアイシャさんの例のように。



これは以前お伝えしたウガンダで同性愛者が殺害された事件で、←オバマ大統領も追悼?!、ウガンダ同性愛活動家、殺害について
同性愛者を迫害する人たちの仕業かと思われていたのですが、実は、彼の使用人が性交渉の報酬をもらえなかったため、犯行に及んだというもの。
なんと、愛憎にお金のからんだ事件でした。「ヘイト・クライム(憎悪犯罪)」でなかったとしても、いい死に方でなかったことは確かです。
オバマ大統領はやはり簡単に追悼の言葉を言うべきではなかったですね手(チョキ)
 

2011.02.16 大池公園 梅-ピンク.jpg


後味の悪い事件をお伝えして申し訳ありません。
梅を見て気分を替えてくださいね。 
写真はひでわくさん
トップの写真は「紅葉の奥に紅梅」


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

無駄にこの世に生まれて来たのではない?!相田みつをの言葉


P1000855.jpg


わたしは無駄にこの世に
生まれて来たのではない
また人間として 生まれてきたからには
無駄にこの世を過ごしたくはない
私がこの世に生まれてきたのは
私でなければできない仕事が
何か一つこの世にあるからなのだ
それが 社会的に高いか低いか
そんなことは問題ではない
その仕事が何であるかを見つけ
そのために精一杯の魂を
打ち込んでゆくところに 
人間として生まれてきた意義と
生きてゆくよろこびがあるのだ

相田みつを


私がこの世に生まれて来た、私でなければならない仕事…、
それは「使命」と呼べるのかもしれません。

そうですね。そう思ってこのブログをやっています。問題なのはこれはお金にはならないし、仕事だと誰も認めてくれるものではありません。

ただ、誰かの子どもとして生まれて、
誰かの家族であり、かけがえのない友人であり、誰かの大切な人であること、それが一番の「人のお仕事」かもしれません。

今、ふと出会う誰かに、あなたの何気ない笑顔が慰めになるかもしれません。
あなたの元気な声にパワーをもらう人がいるかもしれませんよ。

一生懸命にやっていること、一途にやっていること、そんなことが
人を爽やかな気持ちにさせたり、よい連鎖反応を起こしていくのです。

私たちは、そうやって、人にパワーを与え合って、生きている、それが
お互い様ということかもしれません。

ちょっとの優しさと、元気を、笑顔と挨拶でみんなに配りましょう。
ちょっとずつなら、できるかも…!!!

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



ラベル:相田みつを
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする