さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年02月28日

「四葉のクローバー」は普通の三つ葉の中に隠れている?!


四葉のクローバー。なおすけ.jpg


「四葉のクローバー」は幸せの象徴ですが、通常は三つ葉しかないのです。
この日常に当たり前のようにある「三つ葉」を大切にしていくところに、プレゼントのように「四葉のクローバー」、幸せが訪れるのではないでしょうか。
4つのものを合わせることが「しあわせ」→幸せに通じるのですが、その幸せの素の3つは日常にあるのです。その3つを一生懸命合わせて行く時、いつのまにか「しあわせ」が訪れるようなのです。

その中で一番大切なのは、心のあり方でしょう。心の向く方向が、正しい方を向いているのか、ただの自己中なのかで、結果は全然違います。

人生の結果 = 「考え方」 × 「熱意」 × 「能力」
(稲盛和夫)

ということに照らし合わせても、考え方次第で、いかに熱意をもってやったとしても、素晴らしい能力をもっていたとしても、幸せの方向にいかないのです。人生の結果としてそれが表れてしまいます。

幸せになりたいと思っても、幸せに遠ざかる生き方をしてしまうことがあります。
正しいことに心を合わせるというのは、時に難しいですね。何が正しいのか、判断に迷うこともあるでしょう。

そういう時は、自分の心に聞いてみます。そっと聞くと心は正直で、「自分はこうしたいんだけど、本当はこうすべきだと思う」とか、はっきり知っているものなのです。

いつも、真実を教えてほしい、正しい判断ができますようにと、祈っています。
私たちはその「心」を曇らせてしまうことが多いので、素直に神様に祈りながら、自分の心を鏡のように映し出してみると、けっこう、ひとりよがりの自己中に陥っていることが多いのです。

心を、そして、自分の行動を、生活を正しいことに合わせていく時、幸せな結果がついてくると思いますね。

どんな心なのか。愛情に満ちた心なのか、そうでないのか。正しい心なのかそうでないのか。毎日、限りない瞬間瞬間にそんな判断をしつつ、失敗もしながら、それを時には謝り、時にはやり直し、軌道修正しながら、済んでしまったことはある意味しかたのないことなので、これから未来に向かって「しあわせ」のために心を正しくして、それを繰り返していくのです。

幸せになる心を曇らせるもの、正しいものを映せなくするものがいくつもあって、それが一生懸命な人たちの行く道を迷わせて、反対の方向に引っ張っていくことがあります。

「恨み」というのが、一番強烈でしょうか。これは行くべき道を完全に踏み外しかねません。

2時間枠のサスペンス・ドラマなどを見ていると、必ずそんな恨みによって道を外した犯罪者が出てきます。
どんなに同情する余地があったとしても、その人は「恨み」によって不幸になってしまいます。

韓流ドラマの中で「復讐」を描いたものがあります。復讐はもちろん「恨み」が動機です。恨みに駆られ復讐を始めていくと、それは達成するまで止まらなくなります。いくら相手が悪かったとしても、恨んで復讐を遂げると、結局幸せにはなりません。

途中でそれに気がつき引き返した時に、幸せを得たというドラマはありましたが、大きな代償を払わなければならなかったり、(そのドラマでは母親が亡くなりました)また復讐したことによるしこりが残りますし、その人の幸せを曇らせる材料となることは間違いありません。
そして、恨みによってしてしまったことや、復讐というものは、自分でなく、自分の子どもや孫にその報いがくるというのが多いようなのです。

ある復讐をモチーフとしたドラマでは、復讐を成し遂げて、相手も全てを失いましたが、その人も全て失いました。家族を失い、愛する人とも結ばれることができず、こんなことをつぶやいていました。
「もしも自分で復讐せずに、憎む相手を許して、(裁くのは)神様に任せていたら」と。

復讐したいと思うほどの恨みは強烈ですが、私たちも多かれ少なかれ「恨み」を持っていたりしますね。そんな不要なものは、捨てたほうがいいようですよ。

他に心の鏡を曇らせるものに、「ひがみ」や「不平」「不満」というものがあります。「怒り」もそうです。思わぬ方向に人を進めてしまいます。

四つ葉にしても、三つ葉にしても、今日は一つしかお話できませんでした。
しかし、この一つ目をいかに合わせるかで、幸せに行くかどうかが決まるのですから、一番重要なことなのです。
間違えば、どんなに頑張っても、幸せと反対の方向に行ってしまいますから。
幸せになるために、心を正しいものに合わせていくということですね。

では、今日も笑顔と挨拶でいい一日を。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

たかが「みかん」されど…?!「新しいみかんのむき方」


出荷待ちのミカンyuri.jpg


児童書「みかんのむきかた」大ヒット
↑クリックするとマンガのニュースに入ります2ページ
児童書「みかんのむきかた」大ヒット
マンガで読むニュース「漫画の新聞」




昨年息子のクラスで、みかんの皮むき競争というのが流行っていました。どれだけ長くむけるかの競争です。リンゴの皮ならわかるけど。学校の給食でできるところが、おもしろいなぁと思っていました。かなり盛り上がっていたようです。

なんでもないことでも工夫すれば楽しく盛り上がることができるんですね。
ゲームやテレビアニメに漬かっているような子どもたちの毎日ですが、学校にいる時間というのは、私物を持っていけないし、とても健全でいいものです。

さて、みかんの皮つながりでこんな本が出ていたとは。こんな楽しみ方もあるんだと感心しました。
ヘタの部分を目にみたてて、なんてところがポイントでしょうか。

冬場は、みかんを手が黄色くなるほど食べる、日本人ならではの、発想ですね。
食べなくても、皮のむき過ぎで黄色くなりそうですが…。
もうみかんもそろそろ終わりですが、他の果物の皮でも作れるようですよ。

ホームページはこちら
ウサギのむき方の動画も見れます


家の子どもたちは、バナナでもオットセイを作ってから食べます。これは、少し皮をむいてバナナそのものをオットセイに見立てるのですが。
昔は「食べ物で遊ぶな」と言われたような気がしますが、皮以外は食べるのですから、粗末にするのではないし、いいですよね。

今日も明るくいい一日を。

よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


あたらしい みかんのむきかた」小学館
ここからも動画が見れます↓



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

「アメイジング・グレイス」〜愛で世界が変えられる?!〜映画と歌(日本語訳と歌詞も)


3491328サロマ湖の夕焼け.jpg


その歌が教えてくれた。
愛で世界が変えられると。




Amazing grace

Amazing grace! How sweet the sound!
That saved a wretch like me!
I once was lost, but now I am found;
Was blind, but now I see.

'Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved;
How precious did that grace appear!
The hour I first believed.

Through many dangers, toils, and snares,
I have already come;
'Tis grace hath brought me safe thus far,
And grace will lead me home.

Amazing grace! how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now I am found
Was blind, but now I see.


アメイジング・グレイス
(三宅忠明:訳)


素晴らしき神の恵み、なんと甘美な響きよ!
私のよう人でなしでも、救われた。
私は見捨てられていたが、いま見出された。
私の目は見えなかったが、今は見える。

私の心に畏れることを教えたのは祈り、
そして、私のおそれを解放したのも祈り、
祈りとはなんと貴重に思えたことか、
私が初めて(神を)信じたその瞬間に。

多くの危険、労苦、罠を
くぐり抜けてここまでやってきた。
ここまで私を無事に導いてくれたのは神の恵み、
祈りこそ、私をわが家(天国)まで導いてくれる。

素晴らしき神の恵み、なんと甘美な響きよ!
私のよう人でなしでも、救われた。
私は見捨てられていたが、いま見出された。
私の目は見えなかったが、今は見える




おどろくばかりの めぐみなりき
この身のけがれを 知れるわれに

めぐみはわが身の おそれを消し
まかする心を おこさせたり

危険をもわなをも 避けえたるは
めぐみのみわざと 言うほかなし

御国(みくに)につく朝 いよよ高く
めぐみのみ神を 称えまつらん

聖歌229番として日本語で歌える歌詞です。


。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・

分かりやすくいえば、私はblind(目が見えなかった)が、見えるようになったという奇跡の歌なのですが、もちろん、これは実際目が見えない人が治ったということではなく、今までは全然見えなかったもの、見ようともしていなかったものが、見えるようになったということです。





映画の予告編を見ると、これは実際の台詞にあるのかはわかりませんが、こんな言葉で終わっています。
「その歌が教えてくれた。愛で世界が変えられると。」

映画の内容は
舞台は、18世紀イギリス。当時奴隷貿易は違法ではなく当たり前のように行われ、貴族階級の肥やしとなっていた。そんな中若き政治家ウィリアム・ウィルバーフォースが反旗を翻し、少数の仲間と愛する妻、そして彼が師事する牧師、ジョン・ニュートンが作詞した曲「アメージング・グレイス」を支えとしながら活動を始める。数々の困難を乗り越えながら想いを成し遂げようとする彼の姿が感動を呼ぶ、実話に基づく物語。この奇跡の歌の誕生秘話も。


このウィルバーフという人は初めて知りましたが、この人の魂が、演じるヨアン・グリフィズに乗り移ったかのようですね。
アメリカ映画、たとえばメル・ ギブソンが演じた歴史映画に比べても、気品があるというか、また真実が迫ってくるようなものになっていると思います。(本編を見たわけではないのですが…)

心を打つ名曲である「アメイジング・グレイス」。どうして心を打つかといえば、そんな魂の込められた歌だったからですね。

今、世界を見つめると困難なことが多いです。
中東を中心にデモが起こり、また大きな災害が相次いで起こっていますが、きっと変えられるという希望を与えてくれる映画になりそうです。

正しいことであるなら、そして愛をもっていくなら、決して壊れることのないように思えた壁も崩壊し、今までとは考えることのできなかったことが常識として通用するようになるのでしょう。
辛卯(かのとう)の年に日本でも公開されるというのは、ふさわしい映画だと思います。きっと元気が出るに違いありません。

真実とか愛とかを嫌う人にはウザイ映画ということにもなるかもしれませんが、きっと本物というのは、心を打ってしまうものではないでしょうか。
今までは見えなかったものが見えてくるかもしれません。

ホームページにあるコメント欄から。
必ず成し遂げる。そんなエネルギーに涙し、揺るがない、あきらめない力を学ばされました。脳に染み込むストーリーでした。罪悪感と戦う苦しさ。どうしようもなく薄暗い日々の中で、かすかな光を探して生きる。そんな人間という生き物の影や明かりも現実的にえがかれていてしっとりと体に入る作品でした。気がつけばいつの間にか側にあったもともと大好きだったアメイジング・グレイスが、この作品を見たあとまたもっと貴重に聴こえてきます。


では映画の日本版イメージ・ソングにも使われている本田美奈子さんの歌声をどうぞ




今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


映画のホームページはこちら予告編もここから見れます

「アメージング・グレイス」の歌の由来などはこちらのサイトも参考に


ラスト・コンサート本田美奈子「アメイジング・グレイス」も収録
アメイジング・グレイス本田美奈子CD+DVD
        



posted by kuri-ma at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪音楽のつばさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする