さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年01月19日

不幸になるためには…?!「不幸癖」って??


2011.01.11 和泉川 シュウメイギク.jpg


不幸せを望む人はいません。それなのに、なぜ幸せから遠くなるのでしょうか?
それは、不幸せになる生き方を知らず知らずしていることが多いのです。
幸せには簡単にはなれませんが、実は不幸せには誰でもある意味簡単になることができます。

不幸になんかなりたくない、それなのに不幸がまるで寄って来る様な方がおられるようです。
それは、「不幸癖」とでもいうものですか。

いい人なのに、不幸な結婚をする人はいくらでもいるのですが、
それはその人だけではなく、一代で作るものではないから
血筋を含めた別の問題になります。
いわゆる因縁果報というもので、実はそういう癖がDNAの中に組み込まれたような状態になっていることが多いのです。
代々の悪い「不幸癖」が付いているのですね。

この不幸癖というのは、悪いことに、血筋だけではなく、伝染病のように周囲に影響を与えていくのです。
「私の何がいけないの?!」と思われるでしょうが、そこがまさしく問題なのです。

私の、顔が、私の言葉が、私の存在そのものが悪いのかもしれません。
私の顔は、完璧に美しいと思っていたとしても、それは関係ありません。(笑)
実は顔というものは、私が自己満足するためのものではないのです。
私の顔は、出会う人を幸せにするためにあるのです。
美人に笑い掛けられたら、どれだけ幸せな気分になれるでしょうか。

不幸になる顔というのがあるのです。
額にしわが刻まれるような難しい顔、怒った顔、悲しげな顔、苦しそうな顔…。これは見る人にいい思いを与えない表情です。
そして周囲の人々に自分の表情が伝染して、鏡を見るように自分にそういう顔が返って来ます。悪循環のように、私はいい表情ができなくなり、更に不幸な顔をするようになってしまいます。

同様に、不幸になる言葉、不幸になる行動というものがあるのです。
(言葉については、昨日の記事でもお話しました。)

基準は何かというと、とても単純なこと、その心が自己中になっていたり、独りよがりに走っていたり、ナルシストになり過ぎていないか、ということです。
よい心根の人は、周囲を明るくし、幸せな気持ちを分け、そして巡り巡って自分に幸せが還って来るようになっています。

幸せを呼ぶ顔というのは、「笑顔」が一番でしょう。微笑みもいいですし、
豪快な笑いというのは、よい運勢を呼び込むといいます。

もしも「不幸癖」というものがあるとするなら、
自分を基準として考えることを止めて
(自分のことは考えないようにしても自然に考えてしまいますから)意識して相手を思いやる、私たちの周囲にいる一人一人の視点に立つのです。
そうすると、見えてくるものが変わってきます。

そして、マイナス思考をプラスに変えるのです。
「プラス思考+愛(ラブ)」ということをお伝えしてきましたが、そういうことです。
もしも「不幸癖」をご心配な方は、気が付いた時に一日に何度でも
瞬間瞬間に、意識してみて下さい。

私たちは多かれ少なかれ、親からの癖を受け継いでいます。
運勢のいいものもあれば、似たくないのにな、という不幸癖まで…。
なぜか受け継ぎたくないものばかり受け継ぎやすいような気がするでしょう。
それは気のせいではなく、悪いものは努力しなくても、
簡単に身につけられるのです。

そして、轍のついた跡があると、真っ直ぐ行くつもりが、ついまた轍を辿って曲がってしまうように、また同じような癖を繰り返しやすくなります。

肉や血から来るもの、肉親や血筋からの影響があるのはしかたないのですが、不幸癖のついた轍の道を、ふわっと羽根が生えたように飛び越えられるもの、それは見えないものに手を合わせ、自分ではない相手に心を合わせ、正しい道に心を沿わせるそんな生き方です。

今日もいい一日を!
よろしかったら、クリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


写真はひでわくさん「シュウメイギク」


【kuri-maのお勧め記事】
今日の天気を変えられますか?「プラス思考+愛」の生き方?!

これって悪循環?!
言霊(ことだま)の力で幸せになろう?!
“魂チェック”してみませんか?!
ため息がもたらすマイナスパワーの威力?!
逆恨みも恨みのうち?!
‘いざという時’信じるものがないという脆さ?!
傷ついて、立ち直れないと思ったことはありますか?!
対策編「傷ついて、立ち直れないと思ったことはありますか?!」