さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年01月18日

「失敗したもん勝ち」の人生に?!連続テレビ小説「てっぱん」より


2011.01.15 和泉川 ロウバイ.jpg


NHKの連ドラ「てっぱん」、なかなかにいいです。ちょっと、愛情が複雑で、薄幸な感じを受けますが、ヒロインが、バカがつくくらい、一生懸命で正直でお人好しの明るい「いい子」なのです。

最近、このドラマで「失敗したもん勝ち」という言葉がよく出てます。

最初は、川中美幸さん演じる小夜子さんという人の言葉だったのですが、
ひとたびヒロインのあかりがその言葉を使った時から、それがいろんな人の胸に響いて、またその人の口からも「失敗したもん勝ちやもんな」という台詞になるのです。

その言葉そのものにもちろん「言霊」という不思議な力が働くのですが、
何より言葉というものは、語る人の心に呼応するのです。
どんな気持ちで言ったのか、ということです。

ヒロインは、プラス発想で希望的な気持ちを持って、更に相手を励ますために言ったのです。
プラス思考+愛(Love)」です。これをしていくことによって、よい循環が生まれていきます。
苦労続きで幸せに縁遠かったのかな、という小夜子さんが結婚を踏み切れるのも、ヒロインの愛の励ましを込めた、「失敗したもん勝ち」という言葉でした。
この「プラス思考+愛(Love)」は、人の運勢を変えていくのです。

これに「感謝」という言葉を加えれば、怖いものなしです。
逆境も乗り切り、プラスに転じていけるでしょう。

「失敗」の数だけ、悔しい思いがあり、涙があり、苦労した汗があり、それが経験となります。よい、血となり肉とすることができるかは、その人次第です。

落ち込んでしまいがちな、「失敗」を、「失敗したもん勝ち」としてしまうことで、言葉の上で先に逆転させてしまうのです。これはもう勝ったと同じ意味になるのです。

言葉の力というのは、すごいとつくづく思います。
よい言葉を、よい心持ちで言う習慣をつけることは、大切ですね。そうするとまた私によい言葉が返ってくるのです。

私も子どもの言動を見ながら、反省することが多々あります。
幼い子供が「疲れた」とか「しんどい」とか言うわけです(笑)
言うまでもなく母の影響です。

子どもに反対に諭されることもあります。
「バカって言った人がバカになるんだよ〜」と。まさしく、その通りです。

次男はよく「つまんない」というのが口癖になっています。
「『つまんない』ばかり言っていたら本当につまんなくなっちゃうよ」という話になりました。
(兄の言葉に、納得したようでした。)

どんな言葉も自分に返って来るのです。愛や思いやりを持って語ればそのごとくに、恨みや嫉妬をこめればそのごとくに返ってきてしまうのです。

リセットできるのは「感謝」の言葉です。恨まず感謝に変えるんですね。
究極のプラス思考は「感謝」かもしれません。これで「」という動機に切り替えられるのです。

私は毎朝毎晩のお祈りで、神様に「お早うございます」と「お休みなさい」の挨拶と共に、感謝の思いを伝えるようにしています。
無形の大きな存在に「感謝」するというのは、自分の力ではどうしようもないことをいい方向に導いてもらうためにも、いいことです。

難しい方は、瞑想だけでも心が整理され、落ち着くのでお勧めです。
そして、またきっとよい言葉を発っすることができるはずです。

「プラス思考+愛」のいい言葉を溢れさせてみましょう。感謝とお祈りもついでに組み合わせて。
「失敗したもん勝ち」ですから、どうぞ果敢にチャレンジしてみてください。

今日もいい一日を!
よろしかったら、クリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


写真はひでわくさん「ろうばい」


【kuri-maのお勧め記事】
これって悪循環?!
言霊(ことだま)の力で幸せになろう?!
“魂チェック”してみませんか?!
ため息がもたらすマイナスパワーの威力?!
逆恨みも恨みのうち?!
‘いざという時’信じるものがないという脆さ?!
傷ついて、立ち直れないと思ったことはありますか?!
対策編「傷ついて、立ち直れないと思ったことはありますか?!」