さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年01月28日

よい睡眠の勧め?!《2》〜記憶定着には「すぐ睡眠」が効果的、独研究〜


三日月.jpg




あなたは、夜型ですか、朝型ですか?受験勉強でも、夜中まで頑張る人と、眠ってから早朝からやる人がいますが、どっちが効果的?と思わされる研究結果が出ました。

上記記事の中で、あきらかに睡眠することによって、記憶として残されるという研究結果が出たようです。数分で記憶定着が始まり、40分後には、新たな記憶に妨害されない長期保存の領域に、保存されるのだそうです。
つまり、記憶したい場合、ずっと起きているより、すぐ眠った方がいいということになります。

夜型の勉強が朝型の勉強に勝る証明のようにだけみなされる記事ですが、安直に、夜型朝型を変える必要はないのではないでしょうか。
一歩前向きに、様々な生活に活かせる内容だと思いました。

私の経験を振り返ってみる時に、よくない眠り方、というのが私なりにありました。
夜更かし、早起きに関わらず、何かけじめがつけられずに限界までやって、バタンと布団に倒れこむパターン、です。
もっと悪いのが、気分を害することや、落ち込むことがあって、その気分を引きずりながら、眠ってしまうパターンです。

睡眠には、いい記憶を取り込ませてあげることができると私は考えています。
よい気分になって眠れば、それが睡眠の間で増幅された形で見えないエネルギーとなって、目覚めた時、爽快さを伴って起きれるのです。
そういう意味で、眠る前に、瞑想やお祈りで、今日の一日を振り返りながら、感謝して眠るのが一番だと思うのです。
すべてをプラス思考に転じながら、もう一度自分自身の目標をはっきりさせて、必ず叶うと心に言い聞かせます。
大切な人の顔を思い浮かべながら、健康や幸せを祈ってあげ、心配事があれば、その解決を具体的にイメージして休むのです。
そうすれば、次の日、快調に過ごしやすいですし、今日の目標も立てやすいです。

その日を希望的にスタートして、感謝して終わるこのサイクルはとても大切だと思うのです。
夜型、朝型はだからそれほど関係ないでしょう。ようは、いいものが蓄積されればいいのですから。

研究結果から、心的外傷後ストレス症候群に対する新たな対処法も導き出すことができるだろう

と記事にもあったように、トラウマになるような記憶、ではなく、楽しく前向きな、自信を伴うような記憶というものを睡眠前に持って休めば、私たちの精神生活というのは、楽になるのではないでしょうか。
ただ、切実な受験生は、勉強のパターンを変えるのも一考ですね。

以前の記事で、昼寝の効果についての研究結果も紹介しましたが、組み合わせれば、よい睡眠が期待できるのではないでしょうか。
しっかり眠れてますか?!1時間半の昼寝は1晩分の効果…

いいアイデアが浮かんだ時、これはいいぞとやりかけて煮詰まって進まなくなることもあります。そういう時はよいアイデアだとひらめいた時の感覚を思いおこしながら休んでしまうと、睡眠がいい栄養になるのか、目覚めてから、更にイメージが膨らんでよく進むという場合があります。

物書きの場合、「これを忘れてはいけない」と、必ず書き留めるという方たちもおられるようですが、私はそれほど神経質になりません。
本当に必要なことはまたひらめくと考えているからです。実際そうです。
ひらめいたと思った種を大切に胸に抱いて、眠りにつくと、睡眠がよい畑と肥料になるようで、育つものはよく育つのです。自分が思っていた以上の成果が出たりします。
そこで忘れてしまったらそれまでのこと、焦らずにいればもっといいタイミングでそれが出てきたりします。

睡眠は、私自身の肉体を布団で休めながら、よい記憶、アイデア、イメージなどを寝かせて熟成させるものかなぁと、思います。
よい記憶を着装させる、よい睡眠を持ちたいですね。

いいタイミングでいい睡眠を演出してみてください。

よい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



【kuri-maの参考記事】朝晩お祈りしてみませんか?!


2011年01月27日

道に迷ったことがありますか?!松下幸之助の「道」


杞憂。.jpg


石橋だと思ったら叩いていないで
どんどん渡ればいい。
松下幸之助



道に迷うことがあります。
私の目の前にあるはずの道が霧に塞がれてしまったように正しい道がわからない。どこを目的にしたらいいかわからない。

そんな時、心を決めるしかないのです。
本当はその道は私の前にあります。
見えないのは、私の心が霧で覆われたように曇っているから。

その霧を晴らすにはどうしたらいいのでしょうか。
心の目で見てみるのです。心が教えるのではないでしょうか。

いつまでも、迷子ではいられないし、いつまでも羽根を休めてもいられないのです。歩く道はもう、決まっているのでしょう。
一日延ばしにしていると、着くべき時までに南の国には着けませんし、
故郷に帰って来ることもできません。
まだ迷うならば、これらの言葉を読んで、
私自身が答えを出すことにしましょう。


自分には、自分に与えられた道がある。
広い時もある。せまい時もある。
のぼりもあれば、くだりもある。
思案にあまる時もあろう。
しかし、心を定め、希望を持って歩むならば、
必ず道は開けてくる。
深い喜びも、そこから生まれてくる。

世の中の多くの人は、
少々うまい事いかなくなると途中で諦めてしまう。
本当に物事を成し遂げる為には、
成功するまで諦めない事である。
やっていくうちに、
世の中の情熱が
有利に展開していくことだってあるのだから。

無限に発展する道はいくらでもある。
要はその道を探し出す努力である。

病気と寿命は別のもの。
病がいつ死につながるかは寿命に任せ、
病を一つの試練と観じ味わい、
大事に大切に養いたい

どんなに悔いても過去は変わらない。
どれほど心配したところで
未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである。

迷う、ということは
一種の欲望からきているように思う。
ああもなりたい、こうもなりたい、
こういうふうに出世したい、
という欲望から迷いがでてくる。
それを捨て去れば問題はなくなる。

山は西からも東からでも登れる。
自分が方向を変えれば、
新しい道はいくらでも開ける。

松下幸之助



さぁ、心が定まったら、やっぱり歩くしかないようです。
今日も挨拶と笑顔で。

いい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

写真は芥川千景さん「杞憂。」


 





ラベル:松下幸之助

2011年01月26日

人はなぜ祈るのか?!ひれ伏し祈る人の波、バングラデシュ「ビッショ・イジュテマ」


o0412064010203257790.jpg



いやぁ、この写真を見て、驚きました。このひれ伏す人の数。
バングラデシュで毎年行われる、メッカ集会に次ぐイスラム教の「ビッショ・イジュテマ」という大会だそうです。

テロリストのせいで、とかく誤解されやすいムスリムですが、アッラーを拝する姿は、とても真摯なものを感じます。

私もよく知らないイスラム教ですが、聞くところによると、一日5回も礼拝(お祈り)を捧げるそうです。3回で決まった時間はないという所もあったり、8回もする宗派もあると聞きました。
調べたところによりますと、決まった時間に、決まった方向に向かって祈るのが一般的で、祈祷用の絨毯というのがあり、商談等の旅行先にも方角を調べるための磁石と共に持ち歩くとか…。
そういう意味でも、頭が下がるというか、すごいというか、圧倒されますね。

イスラム教では、偶像崇拝が禁止されているため、メッカに向いた所定の方角にひれ伏すことで行われる。これは一種の生活習慣的な位置付けもあり、毎日決まった時間に祈りが捧げられる。礼拝をするための専用の絨毯もあり、特に方角を重視することから、方位磁針も利用されることもある。
祈り - Wikipedia

方法には一定の決まりがある。ふだんは家庭などで個人で行ってもいいが、イスラムの祝日である金曜日の礼拝のうち少なくとも1回はモスクに集まってみなで行うことが奨励される。礼拝が始まる時間はムアッジンと呼ばれる人によって告げられるが、これをアザーンという。昔はモスクの尖塔(ミナレット)に上りその上からアザーンが行われたが、現在はスピーカーが取り付けられている。
礼拝は1日5回行う。各礼拝は以下のようになっており、具体的な時間はその場所での日の出と日没の時間によって変わるため場所と季節の影響により時間が細かく変化する、現代では地域ごとの正確な礼拝時間表が数日から一日刻みで精密に作られており、インターネットでも検索することが出来るようになっている。
日の出の1時間以上前には起きて礼拝の準備をしなければならないため、正確に守ろうとするとムスリムは大変に早起きになる、日本の場合では日の出が早い8月ごろの場合には礼拝の時間は4時前となり、日の出が遅い冬場の12月から1月でも5時半前後になる。
サラート- Wikipedia

メッカ巡礼に次ぐ集会に400万人が参加 - バングラデシュ
列車につかまる女性の写真も。
これは、2006年だから、5年前の記事ですが、今年は200万人となっています。
数年で減ってしまったんでしょうか。
どちらかが正確ではないのでしょうか???


私の知っているムスリムといえば、ドイツに多くいたトルコ人です。
家族の絆が強く、子沢山で、子どもがよく家業のお店を手伝っていました。
トルコ人が屋台などで売っていたケバブ…、おいしかったなぁ。時々恋しくなります。

イスラム…。ムスリム…。こんなに信仰的で、貞操を重んじるのに、一夫多妻だったり、ちょっとわからない…というのが正直なところですが…。

彼らがなぜ祈るのかといえば、私たちと同じように家族の幸せではないでしょうか。
私たちの幸せのためには、この世の中も平和でなければなりません。
だから、家内安全とともに、このよく知らない人たちのことも、祈っていきたいと思っています。


From our heart - Original Composition 山中 允さんピアノ


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



最初のAFPニュースは、写真が10枚ありますので、見てみて下さい。
船の上で祈る姿、などなど、ログインして大スクリーンで見るのも
お勧めです。↓
こちら

参考サイト:イスラーム学習講座『サラート(1)』


※国名をバングラディッシュかと思っていたのですが、
 バングラデシュに訂正しました


追記:イスラムの一夫多妻制度について、他の記事で述べました。
   参考にしてください。


   

posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする