さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2010年10月31日

Happyなの?!ハロウィンって何でしょう??


9606103かぼちゃ.jpg


今晩はハロウィンですね。

東京ディズニーランドでイベントを始めてからか、
だんだん日本でも浸透し始めて、今では、クリスマス、バレンタインデー
に継ぐ第三の商戦と、お菓子業界でも言われるほどになりました。

キリスト教由来のもの(?)とも思われるのに、ヨーロッパではどこの国でもやるわけではありません。

私も在欧期間中にハロウィンに触れる機会はありませんでした。
アメリカのものと思っていたくらいです。

たまたま時期を外してしまったのかとも思っていたのですが、実際、
ヨーロッパでは、アイルランド、スコットランド(英国の一部)が主と知って納得です。元々ケルト人のお祭り(収穫感謝祭)だったのです。
↑ 参照: ハッピー・ハロウィン・フロム・アイルランド
→ History―ハロウィーンの起源   


ハロウィーンは、ケルトの暦で言うところの“大晦日”
春に咲いた花が実を結び、秋の収穫を終え
大自然が長い休息の季節を迎える……
その始まりとなる日です
この日は、精霊や亡くなった人の魂が息づく“異界”と
私たちの住む世界との境界があいまいになり
“あちら側”から“こちら側”へ
さまざまなものたちが流れ込んでくると考えられています
(もちろん逆もあるのですが!)
中には人間に悪さをするものも多いため
それを追い払うために恐ろしげな格好をしたのが
ハロウィーンの仮装の起源と言われているのです

こんな日は、私たちのインスピレーションが高まったり
普段にない予言の力や
未来のヴィジョンを見通す力が強まるとも言われています


上記サイト アイラ・アリスさん(ケルト占いの第一人者)の解説から抜粋


ハロウィンにはカボチャというイメージですが、それは米国から始まったもので、ケルトではりんごを食べるのがいいそうですよ。

語源は、キリスト教の11月1日の諸聖人の日(万聖節)の前夜祭、
"All Hallows"のeve(ハロー・イブ)ということらしいのですが…。

すでに4世紀には、名前のごとき、全ての聖人の祝日がありました。
11月1日になったのは、8世紀前半といいます。古いんですね。
以後、聖人や殉教者の日となり、死者を祈ったりもされてきました。

その中でケルト人のお祭りとごっちゃになったんでしょうね。
クリスマスもそうですから。

しかし、プロテスタントでも、カトリックや正教でも、ハロウィンは祝いません。完全にキリスト教からは切り離された形ですね。
特に正教では、ハロウィンを嫌う傾向もあります。

日本にも、米国の映画などから、影響を受け、入ってきたものでしょう。

イングランド(英国)やドイツなどでも、日本と同様にここ十年くらい、
季節感のあるイベントとして取り上げられるようになったようです。
世界中、アメリカ文化の影響は強い!

アイルランドにも、ジャック・オー・ランタンが逆輸入(?)されているようです。

米国でも最近は、子供主体の楽しい行事ですね。
そして、妖精や野菜のイメージのファンタジー要素の強いものが多くなったようですが、そもそもは、「死」そのもののイメージに結びつく恐ろしいもの、不気味なものがテーマとなっていました。

仮装するものは、精霊、妖精、幽霊、魔女、悪魔、黒猫、ゾンビ、魔神、不死の怪物、伝承の怪物、そしてドラキュラ、フランケンシュタインなど文学作品に登場する怪物まで様々…。

本来は家の周りを徘徊する悪霊たちを追い返すためのものだったようですが、
子どもたちがお化けに扮するようになり、どちらがどちらかわからなくなっている感がありますね。

日本でも今では、たとえばアニメなんかでも、当然のようにハロウィンが取り入れられています。
末の子が見る「アンパンマン」にも、ハロウィンマンというキャラクターがいますし…。

子ども時代だったら、お菓子をもらうために、仮装で家を回るなんて、楽しみになりそうな行事ですね。

楽しいからま、いっかですが、「アンパンマン」では、
「本当は悪い魔物を追い払うお祭りだよ」って説明してくれていました。(Thank you!)

でも何で、“Happy”なのか、今のところ不明です。
誰か教えてください(笑)。

クリスマスがなんで“Merry Christmas”なのかと同じくらい、
愚問かもしれません。
ただ単に、楽しいお祭りだからでしょうか。
「わっしょい」の意味を聞かれても…、困りますしね。ということかと。

では、Happy halloween!! あるいは、モバQ Trick or Treat〜!!

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



参照: ハロウィン - Wikipedia

    諸聖人の日- Wikipedia


2010年10月30日

火山と津波、インドネシアを救えるものは?!


インドネシアの、ムラピ山が再度噴火したニュース。 ↑ 関連写真もありますのでご覧ください。

火山の噴火とは、その被害にあった人にとっては、恐ろしいことでしょう。
神の怒りと昔の人が考えたのは、無理からぬことだと思います。

日本の卑弥呼の時代には、富士山も活発に活動していたといいます。
あの、富士山が噴火すると考えたら、どれだけ恐ろしいでしょうか。

インドネシアにとっては、あたり目にたたり目というところでしょう。
災害続きで、多くの犠牲者とおびただしい避難民たち。 ↓
インドネシア津波の死者370人に、警報システム機能せず


津波と噴火。

チリ鉱山事故の33人には、全世界が注目し、エールを送ったが、
それよりはるかに被害の大きい災害にはそれほど関心を持たない
ことを指摘していた方がいましたが、その通りです。

もちろん、インドネシアにも、関心と応援を送らないといけないと思いますが、あまりに悲惨な事態には、目を覆いたくなるのかもしれません。

私が以前記事にあげた、枯葉のようになった赤ちゃんの手のことを
今朝ふいに思い出しました。 → この世にもあるの、飢餓地獄?!

報道というのは、時に残酷です。
悲惨な現状を前にして、そのカメラマンはただ写真を撮ることに徹したのか、少しの食べ物でも与えたのかは知る由もありませんが…。

日本のような、豊かな国で生きる私たちにも、生きていくには大変な問題も多いです。

「お互いさま」というのは、日頃から心を掛け合い、助け合いした苦しい生活の中から生まれた言葉だと思います。

焼け石に水のように思えるインドネシアの状況でも、掛けてあげられるものはきっとあるはずでしょう。
今日、それをみつけたら、やってみようと思います。

そして、今日会った人には、悲惨な目にあっている人の代わりに
心を掛け、笑顔を向け、言葉を掛けていきたいです。
インドネシアのためにも祈ります。

今日もいい一日を
よろしかったら、クリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

絶滅危惧種?!(2)浮気しない男性の代表者の主張

a7f9af4d-サンセットメモリー.jpg


100%浮気しない男性は絶滅危惧種の続きです。

質問した彼女は
浮気しない人はいる!って信じている。
誠実な男もいると信じたいけど、
周囲の意見を聞くと、自信がなくなってきている。


周囲の意見は
そりゃ100人に2人くらいはいるかもしれないけど、
たいていの男は浮気するよ。
旅行先や出張先なら、開放感からほとんどの人が浮気する。
(浮気しないと)期待してたら傷つくだけだよ。


それで、彼女が求めているのは、誠実な人の答えなんです。

周囲の人と同じ意見もあります。
いっぱいあるかと思うと、だんだん彼女の質問に真剣に答えてくれるコメントが増えてきます。

彼女は、今いる環境はよくないと判断して、環境を変えることにします。
故郷に帰られたようです。
そして、6年がたち、いい人と出会って幸せに生活しているとのことです。

彼女の心が求めていたから、得られた結果でしょう。
環境が悪いと、彼女も常々感じていたんですね。
やはり、自分の心で、ヤバイと感じることは、避けるべきです。
影響を受けますから。環境は大きい。
自ら、断ち切って変えたのがよかったと思います。

質問の回答を分類してみますと、

 彼女が今まで周囲から聞かされてきた意見と同じもの。
浮気するのが当たり前、中には「できる男ほど浮気する」という意見も。

 そして、浮気心というのは誰にもあるけれど、条件が合わないとできないんだ。と分析も交えて答えてくれている人たち。

 自分は、絶対浮気はしないし、できないという人たち。

この3タイプでした。
良回答にあげられた二人は、番目の方たちでした。
彼女が求めた回答だったのでしょう。
絶滅危惧種なのかどうか…。お読みください ↓

浮気をしたことがない(しようとも思わない)偏屈な既婚者です。
私がしない理由は「相手に同じ事をされたらいやだ」からです。
もっと変な話「俺の○○○、嫁さん以外の女に触らせないぜ!」
とわけのわからないプライドまで持っております。

もし絶対にばれない状況で理想の女性にアプロ−チされたり、
会社の付き合いで風俗に連れて行かれたとしても何もしないと思います。
後日必ず後悔しますから。

皆さん浮気は楽しいのでしょうか?
私だったら嫁さんのことが(どんなにばれない状況でも)
頭から離れずちっとも楽しめないと思うのですが・・・

もちろん願望が全くないと言ったら嘘になります。
町で綺麗な人、かわいい女性を見かければ「おっ!」って思いますが、
それだけで何か具体的な行動等は全く考えません。
嫁さんだけで十分満足してますから。


いますよ。 私がそうですから。 
彼女がいる時の方がモテルと思いますし、
彼女より綺麗でしたけど、全て却下しました。
それは何故かと言うと人間として自分の彼女を尊敬していたから。

一番分かり易いのは、質問者さんのような質問をしてみる事です。
浮気する人に共感する男性は殆どが浮気しますし、
共感しない男性は浮気する確率が低いです。

後は感受性ではないですかね。
浮気や不倫をする事によって誰かが絶対に傷付く。
その人の人格まで否定する事になりますよね。
相手を馬鹿にしているから浮気や不倫をするのかと思います。
要するに相手に尊敬される行動を取るって事です。
言葉ではいくらでも言えますからね。


他にも、絶対浮気はしないという男性の意見がいくつかありました。
浮気するのは、もてない男がすること」という意見もありましたね。
浮気する人の意見では、もてない男が浮気しないという意見でしたが…。
さて、どちらなんでしょうか?

今日あげたのは、番目のタイプでしたが、私としては、番目のタイプの人たちの話がとてもよかったです。(3と2は境目があいまいなのですが)
リアルで、でも誠実に回答していました。
なぜ、浮気する人がいるのか、そのヒントがそこにこそ満載でした。
それは、次回に。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



写真は「パノラマな人生」サンセットメモリー



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする