さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2020年06月17日

幽霊っているんでしょうか?! ズバリ答えます!! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

高いところまで飛べるようになった

(常にこの記事がトップに来るように設定しました。
通常の記事は前の記事よりどうぞ ←↓ )

「幽霊っているんでしょうか」ブログに
お訪ねくださいましてありがとうございます。

幽霊っているんでしょうか。
素朴にその疑問の答えを得ようと検索してこのブログに行きつく方もおられることでしょう。
ですので、その解答からまずお伝えすべきかと思います。


幽霊、それは狭義ではさまよう霊のことをいうようですが、ここでは一般的な霊、霊人の総称として、多少の親しみもこめて、「幽霊」ということにしましょう。
英語のゴーストと同じような意味ですね。

結論をズバリ言うならば、幽霊は存在します。

その存在を見えたり感じたりできる人は、あまりいないかもしれません。
しかし、たとえ目に見えなかったとしても、いないということにはなりませんね。


私たち人間は、必ず死を迎えます。
その時、今まで動いていた肉体は動かなくなり、それを衣あるいは殻のように脱ぎ捨てるのだといいます。

生きている時も、私たちは自分の「心」を何よりも大切にしています。
心は、脳でもなく、心臓(英語ではハート)でもありません。
目に見えなくても、私たちの心は確かに存在します。

たとえ死んで肉体がなくなったとして、その心はなくなるでしょうか。
もともと見えないのに存在したのですから、心はなくならずにずっとあるのです。

この心を魂とか、霊魂というのではないでしょうか。

もともと人間というのは、肉体より中身、つまり目には見えない心の方が大切です。
死んだからといって、その大切な心がなくなるのではなく、肉体の制約のない本来の状態になるということだというのです。


考えてみれば、どこそこに幽霊が出るという話は、日本にだけあるのではありません。全世界にあります。
また、今も昔もそして未来も(きっと)、いたるところに幽霊の噂はつきません。

では、古今東西の人たちが、ただのでっち上げで、幽霊話を作り上げたのでしょうか。
いくら大抵は見えないからといって、すべての幽霊が姿を隠しているわけではなく、見えてしまうこともあるという、当然の結果なのではないでしょうか。


幽霊というと、こわいイメージがありますが、必ずしも怖い霊ばかりではありません。

身近な霊といえば、亡くなった身内、家族、そして先祖というものがいますね。
そういう人たちは、総称すればみんな幽霊ですが、かつては私たちの愛する家族、そして大切なご先祖様たちだったわけです。

もちろん、かつては生きて死んでいったすべての人が、みんな美しい霊人になっているわけではありません。むしろおどろおどろしい恨みの霊になっている場合も少なくないようです。


私たちもいつかはこの人生を終えます。
たとえジタバタしたとしても後何十年かで終わるのです。

その時、あーやはり幽霊はいたんだなと、自分の姿を見て知ることになるかもしれませんが、どうせ同じジタバタする人生であるならば、人からも羨ましがられるような美しい霊の姿になりたいものです。


そういう意味で、このブログではいろんなものを題材に記事を作って来ていますが、皆様の魂を覚醒し、きれいで輝くピカピカに磨かれた状態になっていくための方法なども話していますので、参考になさって、よい人生にして頂きたいと思います。

よい人生は、自分だけが自己満足する自己中の人生ではありません。
ジャッジは神様と悪魔。
まずは、自分基準ではなく、人さまから見てどうなのか、ということかもしれませんね。

ですからこのブログは、よい幽霊となるためのご案内、ガイダンスと考えて頂けたら幸いです。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:高いところまで飛べるようになった
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

ホントにいるの、幸運の女神 VS 悪魔?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

180522 64774958.jpg


母が亡くなり、他の記事を挿入したりして
中断していましたが、
「幸運の女神シリーズ」の続きです。(2018年の記事を再編集しています)

幸運の女神の対極にあるのが、魔(悪魔)でしょう。

私たちが、夢を叶え、幸せになるのを邪魔する存在がいるようなのです。

それって、なんかとてつもなく怖くて悪い存在をいうイメージで、あり得ない、と思うかもしれません。

この魔は実際見えないけれど、見えないくらい身近にいるのです。私たちの一部、切っても切れないものとなっていることもあるかもしれません。

当たり前になっているから、近すぎるものは、実際気づかないものです。
自分の体臭を、自分では気づかないように。

魔の親玉、悪魔(サタン)そのものが、私たちに直接関係するまでもなく、もっともっと下っ端の手下に、私たちは簡単にやられてしまいます。

私たちの習慣・くせの中に、毎日の生活、思考回路の中に、まるで友だちのように、空気のように魔的なものはうまく配置されていて、いろんなところでそのわなに引っかかってしまうようです。

昨日の私もそうでした。

「ブログどうしようかな」と思ったときに、なんとなく気が乗らなくて、好きな韓国ドラマを見始めたら、そのまま戻れなくなりました。
夜は夜で、そのつもりがないのにうたた寝してしまい、気づいたらシンデレラの魔法が切れる時間をとっくに通り越していました。(かつてシンデレラ・スリーピング症候群とかつて私が名付けた現象です・・・)

ブログ毎日更新という宣言をまたも破ってしまいましたが、そこでメゲたらあの人たちの思うつぼ。恥を覚悟でまた営業(や)ってます。

失敗してもあきらめない、起き上がりこぼしのように、何もなかったようにまた始める。本当は、失敗しない方がいいけれど、「失敗は成功のもと」というのは、あきらめたらない言葉なのです。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:カラフルなサルビア
by マグナさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 22:05| Comment(0) | 幸運の女神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

49日の過ごし方?! 《霊界ってあるんでしょうか6》再編集’19版 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2019.07.26 追分市民の森 ヒマワリ


供養とは、
愛すること。

そして、故人の分も
正しい生き方をし、
幸せになること。



先日、母が亡くなりました。義父母、父に次いで。
その頃は小さかった子供たちもすっかり成長し、告別式など滞りなく済ませました。

ということで、この時期の過ごし方をおさらいしたいと思います。


人が亡くなってから、よく仏教では49日(しじゅうくにち)と呼ばれる期間があります。

私の母の実家の方では、35日で法要することも多いですし、地域などによっても、この期間は少し幅があるようです。
40日前後、ということになりますね。

私も経験して感じるのですが、この40日の期間というのは、とても特別なものです。

まだどこか亡くなった実感がなくて、実家で家族が集まっていると、まだ故人がいるような気がしたり、こういう時はこんなことを言うだろうなと、想像してしまうのです。
この頃、実際近くにいると感じる人も多いようです。

遺族にとっても40日ないし49日は、送ってあげながら、身辺を整理してあげ、また気持ちも整理していく、大切な期間ですが、亡くなった人にとっても大切な期間のようです。

以前、亡くなってから、三途の川(境界線)を越えて行くというお話をしました。
死にかけて蘇ったような人は、そこを渡り切る前、ボーダーを越える前に引き返してきたといいます。

そして、その川を渡り切った向こう岸が、あの世、霊界というわけです。


49日は霊界生活の慣らし期間

あの世は、その人の魂がふさわしい所に行って初めて、本当のスタートとなります。
49日までの期間は、あの世に渡った魂が、あの世の生活をスタートする準備期間です。

まだ、この世に未練が多く、名残惜しく過ごしながら、自分のあの世での生活への慣らしをしていくのです。

亡くなったばかりの人は、初めて行くあの世と、自分の状況に戸惑っています。

残された家族や友人などが、その49日の期間、その人との思い出を語り合ったり、心のこもった送り方をしてあげるのが、亡くなった方を慰め励ますことになります。
つい、つもり積もった恨み言や、悪口を言ったりするのは、できるだけ控えてあげたいですね。(聞いてますよ。)

供養、供養といいますが、どんなに立派な法要をするかよりも、悲しい気持ちを抑えて、できるだけ明るく話しかけるようにしてあげるのが一番かなぁと思います。


霊界の私の家
〜魂の行き着く処〜

霊界にはその人が生前、あの世での生活のために準備した家があるといいます。

それは、徳で作る家です。
世のため人のために尽くした分だけ、あの世で立派な家が立っているといいます。
そこを探しに行くのです。

中には家らしい所がない、監獄よりひどい所に行かなければならない魂もいるようですが…。
(魂というと日本語では「ある」というのが正しい言い方かもしれませんが、魂というのは、霊人のことなので、あえて「いる」と表現してみました。)

亡くなった人は、(この世の肉眼では)目には見えない魂の状態、霊人の姿で、自分の家、あの世での自分の安住の地を探し始めます。
というより、磁石で引き寄せられるように、その場所に行かざるを得なくなるといいます。


霊界ライフのスタート

あの世というのは、実に様々な場所があるのだということです。

霊人たちは最初は皆、明るく光の差す、暖かく、芳しい香りがどこともなく漂う、例えようもなく美しい所にいざなわれると言います。
そこが天国でしょうか。

しかし、そこには誰しも長居できるわけではありません。
そこはあまりに眩しいくらいに明るく、自分の姿が恥ずかしくなる人が大半だということです。
中には自分に染み付いた悪臭に居たたまれなさを感じる人もいると言います。

みんながみんな、霊人たちは自分にふさわしい場所に行くのだそうです。誰が命令したり、示したりしたしたわけではなく、皆、本人自身が決めるのだということです。

当人としては、少しでもいい場所に留まりたいはずですが、なかなかそうもいかないようです。
というのも、あの世は、生きている時は肉眼では見ることのできなかった「心」が、包み隠さず見えてしまうのだそうです。

この世では、きれいな服を着たり、きれいに化粧をしたり、整形することも可能ですし、上手に演技したり、嘘で言い繕うこともできましたが、あの世では自分を覆ったり隠してくれるものは何もないといいます。

どのようにしても、本性が丸見え、丸出し状態になってしまうのです。

そして、40日、49日の間に、自分の心根、性根の通りになった霊の体を抱えながら、むき出しになったものを、直すことも隠すこともできずに、隠すとしたら、できるだけ暗く、臭い場所にいくしかありません。

ですから、自然と同じような心のレベル、心根の人が集まっていくのだとか。

そうやって、自分にあった霊界の位置、あの世の住処に行くことになる、ということです。


49日とその後の心構え(供養)

この40日を過ぎると、亡くなった人たちは、ふさわしい場所で、新しい生活をスタートしていきます。

これ以後は、中には不自由な環境の霊人も少なくないようですし、いつでもどこでも私たちの所に来てくれるというわけにはいかなくなってしまうようです。
命日とか、お彼岸には帰って来られるといいますが。

私たちが亡くなった大切な方々を供養するのは、その人を思う愛情ゆえではないでしょうか。

よい供養、正しい供養というのは、方法より、いかに愛してあげるか、ということかと思います。

そして、その人がやり残した思いの分も頑張って正しい生き方をし、幸せになること。

そのためには、亡くなった方たちがあの世のどのような場所にどんな状態でいるのか、ということをまず知ることが必要でしょう。

天国から地獄まで。
どうも、霊人によって、あの世での暮らしはかなり異なるようです。
私たちの愛する人、親しい人たちは、どのような暮らしぶりをしているでしょうか。

「霊界ってあるんでしょうか」のシリーズでは、あの世、霊界はどんな所なのか、いわゆる、天国とか極楽というもの、地獄というものについても、お話していますので、参考にしてください。

この記事は、好評の記事を再編集しました。
今回は、「幽霊・供養」のカテゴリーに
入れました





ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヒマワリ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 10:07| Comment(0) | 幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする