さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年11月25日

♪「彼」 尾崎豊の最期を予知した作品?! 《尾崎豊の求めていたもの》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

96770728 (2).jpg

☆毎月25日は 尾崎豊の
メモリアル・デー(月命日)☆


つながるもの否定すれば 
過ちに傷つくだけ
彼は最後に祈った 
すべてに許されることを


尾崎豊



今日は、尾崎豊さんの月命日であり、もうすぐ生誕51周年を迎えます。

この記事は数年前のものですが、ちょうどコメントを寄せてくださった方がいましたので、以下、ほとんど編集せず、再掲載したいと思います。


月命日に尾崎豊さんにまつわる記事を書くようになってからどれくらいたつでしょうか。こうやって、彼を思い出すことが、供養になればいいと考えています。

今月は、「彼」という曲を紹介します。テンポのいいリズムとメロディーで、短い歌ですが、聴かせてくれます。

もしかしたら、この歌の「彼」とは尾崎豊自身だったのではないか。そう書きながら、きっとそうに違いないという気がしてきます。少なくとも、すごく共通項のある、私小説的な「彼」です。

「無口にならべたDrug」と出てきますから、ドラックをした時の感覚を歌っているのでしょう。

「彼」のさまよいが、いつか終わり、希望に向かってほしいと願わずにはいられないのですが…。

分かりやすい表現の歌ではありませんが、この「彼」って、「死」に向かっているようにも聞こえるのです。まるで、尾崎豊の死の時を予知するような歌だな、と。

またちょっと、重い詞ではあるのです。
「上も下もないさ 求めるとは失くすこと」なんて、実もふたもないことを言ったりして。
しかし最後に「彼」は祈ります。許されることを。

きっとこの「彼」と同じように、尾崎豊さんも最期は神様に祈ったに違いないと思うのです。

なんか、救われた気がするラストの締め方です。






「 彼 」


もろい暮らし しみついたコンクリート
おきざられた公園 ちぎれた夢
ひろい集め 彼は育った

そこでは何もかもが 彼へとつながった
弱い陽ざしの窓辺から 彼はいつも夢見てた
どこへ行くと言うのだろう いつまでも乾いていた

やがて遠く 街をだどると
水たまりのぞきこみ 闇をなげた
無口にならべた Drug

夢に泣きはらした目 静かに迷いこみ
時のベッドをたどって 形の中でさまよう
散らばる空にさがした あの歌の続きを

ぼやけた瞳で 彼はあの日をのぼった
アスファルトを抱きしめて ぬくもりを失くしていた
ほら 上も下もないさ 求めるとは失くすこと
つながるもの否定すれば 過ちに傷つくだけ
彼は最後に祈った すべてに許されることを


尾崎豊






今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

ハロウィンって何の日?! かぼちゃと仮装の意味は?! 2016ハロウィーンHalloween

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.10.26 山手 花屋さん ハロウィン

◆「かぼちゃ」じゃなくて「りんご」だった?!◆
◇ハロウィンの発祥◇
◆実はスピリチャルな晩◆
◇アメリカ型ハロウィーン◇
◆仮装の意味?!◆
◇ジャック・オー・ランタンは魔除け?!◇


ハロウィンって何?

小学生の末っ子に訊いてみると、
仮装して、お菓子をもらう
そんなイメージなんだそうです。

トリック・オア・トリート
お菓子をくれないと、いたずらするぞ!

あ、忘れてた、「かぼちゃ」の日だよね。

彼の口からは、それ以上は出てきませんでした。


ハロウィンとは、本来、悪霊(あくりょう)祓いの行事だというのですが、それがパフォーマンス化したのが、仮装ではないでしょうか。

ハロウィンの仮装は、毎年過熱化しているのを感じますね。

子供の頃、ハロウィンにお菓子をもらった経験のない世代の人たちまで、仮装、コスプレを楽しんでいるようです。

普段とは全然違う姿になる、それは自分を変えたい、変わりたい願望の表れであると言っていた方がいましたが、いつもと違う、悪魔的、悪霊的な姿になることは、刺激的なのでしょう。


ハロウィンは、もともとアイルランドやスコットランド(英国の一部)のケルト民族のお祭りでした。

収穫を迎えた大地は、冬に向けて休息に入ります。ケルトでは、この収穫祭を新しい年の切れ目の日としていました。つまり、大晦日のようなもの。

ハロウィンは特別な日であり、この晩は、先祖の霊や、精霊などが異界(霊界)の境界線を越え、やってくると信じられていました。


そもそもハロウィンは、キリスト教とは関係なく、正教などは、ハロウィンを嫌う傾向もあるといいますが、実は、語源だけは、カトリックの伝統行事と結びついてできたらしいのです。

11月1日に諸聖人の日(万聖節)という行事があるのですが、その前夜祭、"All Hallows"のeve(ハロー・イブ)、というのがその語源と言われています。


さて、ハロウィンにはかぼちゃがつきものと思っていましたが、ケルト地方では、かぼちゃではなくリンゴを使ってきたということです。

おそらく、新大陸、アメリカでは秋に多くのかぼちゃが収穫され、結果、かぼちゃのお祭りみたいになってしまったのかもしれません。

ここ10年ほど前から、すっかり日本にも定着した感のあるハロウィンですが、ようするにお化けのお祭りのようなもの、楽しいイベントという感じですね。
まあ10月の風物詩、といえるのではないでしょうか。


ヨーロッパのケルトの収穫祭として始まったハロウィン。
しかし、現代のハロウィンの発祥というのは、アメリカなのでは、と思うのです。

恐ろしい精霊、悪霊を追い払うための扮装が、米国に行き、現代の仮装になったようですね。

仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらいながら家々を回るというのも、やはり米国で盛んになったものです。
歴史の浅いアメリカにとっては、もはや伝統行事といってもいいのではないでしょうか。

今、アメリカというのは、あらゆる文化の発祥となっています。
コーラにフライドチキン、アメリカン・ポップスやハリウッド映画がその普及に貢献し、相乗効果を生んできました。

それと同じように、アメリカの文化に定着した、「アメリカ版ハロウィン」が、今、ヨーロッパにも、全世界にも伝わっているというのが、本当のところ、私たちが認識するハロウィンかと思います。

ヨーロッパにも、ジャック・オー・ランタンが逆輸入されているのが現状のようです。


ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンの晩は、異界(霊界)から、精霊が自由に出入りするということで、これは元々、魔よけの意味があるらしいです。

ナスやキュウリなどをお供えして、灯篭で飾る、お盆の行事を連想してしまいますね。
お盆は日本では夏の行事というイメージがありますが、もともと旧暦では秋の収穫の頃と重なります。お月見の頃ですね。(今年は10月13日が十三夜でした。)

霊界の暦が変わるこの晩、実際、スピリチャル的な気が高まるというのも確かなようです。

日本人も名月を愛でながらも、しみじみと亡き人を偲んできたかと思うのですが、海と大陸を隔てた、北の島国(アイルランドなど)では、ケルトの収穫祭を祝いつつも、霊界の幕が開く日だと信じて大切にしてきました。

静かな瞑想とお祈りにも最適な晩となるはずですから、ハロウィン・パーティーは早めに済ませて、そんな時間をもたれるのはいかがでしょうか。



2015.10.25 外交官の家 グラス




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:花屋さん ハロウィン
外交官の家 グラス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


2016年09月11日

あれから15年! 9.11メモリアル、「最後だとわかっていたなら」 《感動の詩》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2016.09.09 追分市民の森 フヨウ 空



今日は、忘れられない、9.11。

毎年、9月というのは、旧暦ではお盆を盛大にするので、中国や韓国などで大移動が起こる時期ですし、日本では、お彼岸が近づいてきます。

いろんな意味で、先祖や霊人たちを弔い、供養する、そしてこれからの平和の為に祈りを捧げる、そういう時期なのだという気がします。

供養するというのも、祈るということも、その心が大切でしょう。
供養も祈りも、愛と感謝の思いを込めるのがいいと思うのです。

いつも恒例の詩を紹介します。


15年前、きっと誰かが、みんなを勇気付けようとしたのでしょう。
一つの詩がネット上で拡散しました。

それは、一人のお母さんが、(9.11以前に)子どもの死を悼んで作った詩だといいます。

事件で犠牲になったレスキュー隊員の作った詩だという誤報も、まことしやかに伝わっていたのですが。
いずれにしても、それを良い詩だと思ったから、確実に癒やされたから、そのように伝わったのでしょう。

私もブログを始めてから、毎年この詩を紹介し続けています。
真心が伝わりますように。

私たちは、いつか愛する人たちと別れる時が必ず来ます。
大切な人たちを、もっと愛しましょう。
愛を表現しましょう。
そんなメッセージです。




「最後だとわかっていたなら」


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる

でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や
「気にしないで」を
伝える時を持とう

そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


"If I Knew It Would Be the Last Time"
ノーマ コーネット マレック作
佐川睦訳 



"If I Knew It Would Be the Last Time"

If I knew it would be the last time
That I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
And pray the Lord, your soul to keep.
If I knew it would be the last time
That I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
And call you back for one more.
If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
So I could play them back for one more.
For surely there's always tomorrow
To make up for an oversight,
And we always get a second chance
To make everything right.
There will always be another day
To say our "I love you's",
And certainly there's another chance
To say our "Anything I can do's?"
But just in case I might be wrong,
And today is all I get,
I'd like to say how much I love you
And I hope we never forget,
Tomorrow is not promised to anyone,
Young or old alike,
And today may be the last chance
You get to hold your loved one tight.
So if you're waiting for tomorrow,
Why not do it today?
For if tomorrow never comes,
You'll surely regret one day,
That you didn't take that extra time
For a smile, a hug, or a kiss
And you were too busy to grant someone,
What turned out to be their one last wish.
So hold your loved ones close today,
And whisper in their ear,
That you love them very much and
You'll always hold them dear.

by Norma Cornett Marek



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:フヨウ 空
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD