さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2020年06月17日

幽霊っているんでしょうか?! ズバリ答えます!! 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

高いところまで飛べるようになった

(常にこの記事がトップに来るように設定しました。
通常の記事は前の記事よりどうぞ ←↓ )

「幽霊っているんでしょうか」ブログに
お訪ねくださいましてありがとうございます。

幽霊っているんでしょうか。
素朴にその疑問の答えを得ようと検索してこのブログに行きつく方もおられることでしょう。
ですので、その解答からまずお伝えすべきかと思います。


幽霊、それは狭義ではさまよう霊のことをいうようですが、ここでは一般的な霊、霊人の総称として、多少の親しみもこめて、「幽霊」ということにしましょう。
英語のゴーストと同じような意味ですね。

結論をズバリ言うならば、幽霊は存在します。

その存在を見えたり感じたりできる人は、あまりいないかもしれません。
しかし、たとえ目に見えなかったとしても、いないということにはなりませんね。


私たち人間は、必ず死を迎えます。
その時、今まで動いていた肉体は動かなくなり、それを衣あるいは殻のように脱ぎ捨てるのだといいます。

生きている時も、私たちは自分の「心」を何よりも大切にしています。
心は、脳でもなく、心臓(英語ではハート)でもありません。
目に見えなくても、私たちの心は確かに存在します。

たとえ死んで肉体がなくなったとして、その心はなくなるでしょうか。
もともと見えないのに存在したのですから、心はなくならずにずっとあるのです。

この心を魂とか、霊魂というのではないでしょうか。

もともと人間というのは、肉体より中身、つまり目には見えない心の方が大切です。
死んだからといって、その大切な心がなくなるのではなく、肉体の制約のない本来の状態になるということだというのです。


考えてみれば、どこそこに幽霊が出るという話は、日本にだけあるのではありません。全世界にあります。
また、今も昔もそして未来も(きっと)、いたるところに幽霊の噂はつきません。

では、古今東西の人たちが、ただのでっち上げで、幽霊話を作り上げたのでしょうか。
いくら大抵は見えないからといって、すべての幽霊が姿を隠しているわけではなく、見えてしまうこともあるという、当然の結果なのではないでしょうか。


幽霊というと、こわいイメージがありますが、必ずしも怖い霊ばかりではありません。

身近な霊といえば、亡くなった身内、家族、そして先祖というものがいますね。
そういう人たちは、総称すればみんな幽霊ですが、かつては私たちの愛する家族、そして大切なご先祖様たちだったわけです。

もちろん、かつては生きて死んでいったすべての人が、みんな美しい霊人になっているわけではありません。むしろおどろおどろしい恨みの霊になっている場合も少なくないようです。


私たちもいつかはこの人生を終えます。
たとえジタバタしたとしても後何十年かで終わるのです。

その時、あーやはり幽霊はいたんだなと、自分の姿を見て知ることになるかもしれませんが、どうせ同じジタバタする人生であるならば、人からも羨ましがられるような美しい霊の姿になりたいものです。


そういう意味で、このブログではいろんなものを題材に記事を作って来ていますが、皆様の魂を覚醒し、きれいで輝くピカピカに磨かれた状態になっていくための方法なども話していますので、参考になさって、よい人生にして頂きたいと思います。

よい人生は、自分だけが自己満足する自己中の人生ではありません。
ジャッジは神様と悪魔。
まずは、自分基準ではなく、人さまから見てどうなのか、ということかもしれませんね。

ですからこのブログは、よい幽霊となるためのご案内、ガイダンスと考えて頂けたら幸いです。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:高いところまで飛べるようになった
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

9.11メモリアル、「最後だとわかっていたなら」 《感動の詩》 2017

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2017.09.05 和泉川 アサギマダラ


あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら…



明日は、9.11。
16年前、同時多発テロ事件が起こり
多くの犠牲者を出した日です。

今年になって はたと気づきましたが、
この日は、二百二十日(*前の2つの記事を参照)、
雨風の被害が出やすいと
昔から懸念されている日だったんですね。

天災はなかなか避けることができませんが、
この時代、それよりも恐ろしい
人災、テロが多発しています。

毎年、9月というのは、旧暦のお盆で
中国や韓国などで大移動が起こる時期ですし、
日本では、お彼岸が近づいてきます。

先祖や霊人たちを弔い、供養する、
そしてこれからの平和の為に祈りを捧げる、
そういう時期なのだという気がします。

供養するというのも、祈るということも、その心が大切でしょう。
供養も祈りも、愛と感謝の思いを込めるのがいいと思うのです。

いつも恒例の詩を紹介します。


16年前、きっと誰かが、みんなを勇気付けようとしたのでしょう。
一つの詩がネット上で拡散しました。

それは、一人のお母さんが、(9.11以前に)子どもの死を悼んで作った詩だといいます。

事件で犠牲になったレスキュー隊員の作った詩だという誤報も、
まことしやかに伝わっていたのですが。
いずれにしても、それを良い詩だと思ったから、
確実に癒やされたから、そのように伝わったのでしょう。

私もブログを始めてから、毎年この詩を紹介し続けています。
真心が伝わりますように。

私たちは、いつか愛する人たちと別れる時が必ず来ます。
大切な人たちを、もっと愛しましょう。
愛を表現しましょう。
そんなメッセージです。




「最後だとわかっていたなら」


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・
「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる

でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を 
どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを 
しっかりと抱きしめよう

そして その人を愛していること
いつでも いつまでも
大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう

そうすれば 
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


"If I Knew It Would Be the Last Time"
ノーマ コーネット マレック作
佐川睦訳 



"If I Knew It Would Be the Last Time"

If I knew it would be the last time
That I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
And pray the Lord, your soul to keep.
If I knew it would be the last time
That I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
And call you back for one more.
If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
So I could play them back for one more.
For surely there's always tomorrow
To make up for an oversight,
And we always get a second chance
To make everything right.
There will always be another day
To say our "I love you's",
And certainly there's another chance
To say our "Anything I can do's?"
But just in case I might be wrong,
And today is all I get,
I'd like to say how much I love you
And I hope we never forget,
Tomorrow is not promised to anyone,
Young or old alike,
And today may be the last chance
You get to hold your loved one tight.
So if you're waiting for tomorrow,
Why not do it today?
For if tomorrow never comes,
You'll surely regret one day,
That you didn't take that extra time
For a smile, a hug, or a kiss
And you were too busy to grant someone,
What turned out to be their one last wish.
So hold your loved ones close today,
And whisper in their ear,
That you love them very much and
You'll always hold them dear.

by Norma Cornett Marek



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2017.09.05 和泉川 アサギマダラ by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


2017年09月04日

210日に風が吹き、220日に雨が降り 「秋は一夜に」やって来る?! 《金子みすゞ詩の世界》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2017.08.25 家窓 朝焼け


二百十日の記事を書いたときには、はしりだけでしたが、
金子みすゞさんの詩、全文を紹介します。

「秋は一夜でやってくる」
こんな何気なく素敵なフレーズから始まります。



 
「秋は一夜に」


 秋は一夜にやってくる。

 二百十日に風が吹き、
 二百二十日に雨が降り、

 あけの夜あけにあがったら、
 その夜にこっそりやって来る。

 舟で港へあがるのか、
 翅(はね)でお空を翔けるのか、
 地からむくむく湧き出すか、
 それはだれにもわからない、
 けれども今朝はもう来てる。

 どこにいるのか、わからない、
 けれど、どこかに、もう来てる。


金子みすゞ



「二百十日に風が吹き
二百二十日に雨が降り」

二百十日、二百二十日。
現代の私たちには少し疎くなってしまった
このような季節感をもった言葉は、
うかんでくるイメージに風情が伴います。

荒れやすいこの時期がひとつの契機なのでしょう。

一夜で城が建ったのと同じくらい
ちょっとした驚きを感じてしまう、
微かな、しかし確かな季節の変化。

秋は一夜でやってくるのです。
わからないけれど、もう近くに
きっと来ているにちがいありません。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:家窓 朝焼け
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 18:48| Comment(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする